FC2ブログ
2019/01/28

手術体験記♪

先日ある健康診断に引っかかって、手術が必要になり
その時の様子を書き留めておこうかと…

といっても大きな手術ではなくて、日帰りでも大丈夫な
比較的軽いものなのでご心配なく。
同じ手術でも日本だと3日〜1週間くらい入院するらしいですが
出産でもすぐ退院しちゃうくらい入院は最低限、というのがフランス流。
確かに長く居たいところではないですね。

そして手術当日。
家で前夜と出発前に髪の毛から身体中をイソジンみたいな消毒液で洗浄してから出発。
多分こういう準備は日本だったら病院でするんじゃないのかな〜?
日本で手術したことないから分からないのですが。

そして受付を済ませ、病室に。
手術服に着替えて、血圧などの測定。
しばらく待つと看護師さんが迎えに来て、ベッドのまま手術室に移動。
そしてちょっとドキドキしながら手術室の前で待っていると
麻酔科の先生らしき人が迎えに来て、私のカルテを一瞥した後…

「彼女じゃな〜い!!!

そうなのです、私を迎えに来た看護師さんが
患者を間違ったらしい…


そして私はまた病室まで病院を移動して部屋に戻されるという…
その看護師さん、コレはいくらフランスでも大変なミスらしく
(当たり前!)移動しながらごめんなさい、ごめんなさい、と平謝り。
もう呆れを通り越してコントかい?!と笑いたくなったけど、
大したことないよ、もっと重大なことはあるからね、
と私が何故かなだめる立場に。

そして病室で待つこと30分。

同じ看護師さんが、またひたすら謝りながらお迎えに。
お陰で昼寝できたよ〜、手術室までの道覚えちゃったね〜
なんて皮肉の冗談攻撃
返す言葉もございません、と小さくなる看護師さん。
もうこの辺でやめとくか。笑

そしてまた手術室へ。

そして誰かが来るのでここで待っててください、と言われ
廊下で放置されること45分!!

その間、手術の場所だから寒いし(手術着は紙のようにペラペラだし)
やっと誰か来たと思ったら更に上半身裸にされて全身麻酔されそうになったり。
私の手術は殆ど全身麻酔らしいのですが、回復の早い局所麻酔で頼んでいたので
違いますけど…と伝えたら、え、そうなの?!あなたが希望したの?なんで⁇?!!
と驚かれたまま何処かに行ってしまった看護婦さん…
裸のままですけど〜、めっちゃ寒いんですけど〜!
そして見るからに急いでパニクってる他の看護婦さんが横を通った時
私が寝かされているベッドの足元に、何やら大きな箱をボンと置いて
走り去っていった
お〜い、荷物置き場じゃないんですけど〜!!!

そしてやっと担当の看護婦さんが来て、その荷物を見て
誰がこんなとこにコレ置いたの!と激怒してた
も〜わけわからん!!
でもって何故私がそんなに放置されてかかというと、
全身麻酔のつもりで先に麻酔を受けたりする時間を考慮して
早めに連れてこられたらしいのですが、必要がないので手術の時間まで
廊下で待つしかなかったらしい…
というか、全身麻酔の場合、事前に麻酔科の先生の診断を受けるのが義務なので
そのカルテがないのに全身麻酔しようとするのもおかしいし、
カルテに局所麻酔での手術、という事も全く記載されてなかったようで。
私は以前フランスで腸の辺りが痛くなって、盲腸でもないのに
いきなり全身麻酔されて盲腸を取られ、麻酔が冷めた時にめっちゃ苦しかった
苦い記憶があるので、耐えられる痛みならなるべく全身麻酔は避けたかったのです。

更に前の手術の後、おばちゃん達が急いで掃除してるのを
上半身裸で寒い廊下から眺めながら待たなければならず…
また移動してでも病室で待たせて欲しかった…

手術前の患者にとって、多かれ少なかれ皆不安はあるから
病室から施術までの間はなるべくストレスがかからないように
スムーズにして欲しい!
こういう精神面のケアとか気配りは日本の方がちゃんとしてるのかな?
ここまでコントみたいなミスはないんじゃないかな〜。
日本で医療ミスの苦情言ったら、すごいお詫びされそうだけど、
フランスだったら、私知らな〜い、って責任転嫁で
もういいや、って患者が諦めるのがオチというか。

という感じで手術前にストレスと寒いので最悪なコンディションで
いざ手術。
手術室の中は更に寒くて、すでに冷え切っていた私の身体は
震えが止まらないほど。
もうこんなんだったら間違いでも全身麻酔打ってもらって
寝ときゃよかった…と麻酔の痛みに耐えながら後悔
それも一瞬麻酔が効いてない所を切られたようで激痛走るし

手術自体は30分くらいで終わったのですが
もう、終わった後の疲労感が…

また同じ看護師さんがお迎えにきてくれて、病室までの移動中は
流石に私も脱力で無言でした。


病室でしばらく休んだ後、血圧を測って異常がなければ退院。

戻ってきた時には相部屋になっていて、若い女の子とお母さんが
手術待ちだったのですが、私が夫にあーだこーだと
手術前の話をしていたら、お母さんが
うちも局所麻酔でお願いしてるんだけど、大丈夫かしら…
と心配になって、何度も看護婦さんに手術前に局所麻酔です、って
確認してたにも関わらず、手術から朦朧として戻って来た女の子が
全身麻酔だった…と一言。

もう、お母さん激怒!(そりゃそうだ)
汚い言葉を浴びせまくってた…
女の子自体は、全然痛くなくてすぐ終わったから良かったよ〜
なんて呑気な事言ってたけど。

もうかける言葉もなく、私は退院出来る時間になったので
さっさと帰途に。
とにかく無事に済んで良かった…

とまあ、こんな感じでなかなか面白い体験ではありました。苦笑

手術が月曜日だったので、その日はお店を閉めて
その後1週間くらいは立ち仕事とかはしない方が良いのだけど
悲しき自営業、そうも休んでられないので早速翌日から
1週間ヘルプを入れてなるべく動かないようにしながらの仕事でした。

後は1ヶ月間、色々と禁止されている事はありますが
出来るだけ安静にしながら普通の生活は可能です。

インフルエンザに手術、と散々な年明けですが
コレで全部今年の病気はやり切った?!と思って
一年元気に頑張っていきたいと思います


2019/01/16

新年明けましておめでとうございます♪

遅ればせながら、新年のご挨拶。
もう1月も半分が終わってしまった

2週間お休みして先週から営業再開したお店の方も、予想以上の忙しさと
その他諸々の目の回るようなスケジュールにいきなりバテてしまい、
やっと今週からいつものリズムに体が慣れてきた感じです。

今年の年末年始は、なーんと!



インフルエンザで寝込んでました!!

アルザスの帰りに中間地点にある夫の実家に寄ったところで
気が抜けたのか、そこでダウン。
一泊して翌日家に戻る予定が、それどころではなくて
三日間義両親宅で寝込んでました…
少し体調が戻ったところでまた自宅まで6時間の車での移動。
車内感染を防ぐために、初めてフランスでマスクを購入!
お天気が良かったのでサングラスもしてたら
めっちゃ怪しい人になってましたが…苦笑
フランスでマスクしてる人ってまず見ないです。パリとかならしてるのかな〜?

年末の激しいサービスを終えて、そのまま休む間もなく出発して
あちこち遊びに歩いてたので疲れも溜まってたのかもしれません。
お陰で約5日間寝込んで、すっきりデトックス⁉︎
でも久々のインフルエンザはしんどかった

さて、アルザスでの続きを少し。

今回はアルザスで15年ほど前に仕事を一緒にしていた時の友達の家に
お世話になりました。
彼の家はフランス、スイス、ドイツの国境にあるので
あっという間に3カ国行けちゃうんです。

クリスマスイブの24日はドイツの温泉に行って
25日は早起きしてスイスのアルプスに登るよ〜という
超アクティブな友人のお誘い。
防寒対策はしてきたけど、雪山登る準備とかしてないし!
ダイジョーブ、ダイジョーブ、という言葉を信じて出発

着いてみると、まさにスキー場
みんなスキーの格好してるし。

とりあえず、ゴンドラリフトに搭乗。

え〜、アキも居るけど大丈夫なの?!
友人が係りの人に交渉して、本当は有料なのにタダで載せてくれました
持つべきものはトリリンガルの友人だ

アキ、初ゴンドラ

20181229194033b5c.jpeg コレは何?どこ行くんだ…

標高2000Mに到着!

20181229194033235.jpeg

快晴でめっちゃきれい〜

20181229194123efa.jpeg

そして帰りに友人がソリしようか、と言うので
フランスの感覚でソリ専用の場所で何度か滑って遊ぶのかと思ったら…

なんかめっちゃ本格的な木のソリが!
いつものプラスチックのじゃない?!

2018122919412988b.jpeg

で、どこ滑るの?!
アキ、どうするの??!!

『じゃあ下まで行くよ〜!』

201812291942095c6.jpeg ボク、ソリ犬じゃないんですけど…


20181229194217c9d.jpeg

いやあ、ビックリした
日本はもちろん、フランスでも考えられないです。
スイスはスキー用のゲレンデをスキーヤーと一緒に
同じくらいの数のソリがガンガン滑ってる!
リフトにもソリを置く場所が横に付いてて一緒に乗れちゃいます。
それも犬も一緒とか。(犬がゲレンデ走ってるのはアキしか見ませんでしたが)
コントロール難しくてスピードも出るので最初は怖かったけど、
めっちゃ面白かった〜
また行きたいなー。アキも楽しそうだった
(ブレーキを足でするので、ここでジーパンだった私たちは
 結局びしょびしょになってしまいましたが


そしてその翌日は夫がどうしても子ども達を連れて行きたい、と
言っていた「オーケニスブール城」。
私達はアルザス滞在中に何度か行った事があります。

201812292048457c9.jpeg
(写真はサイトかから拝借)

お天気が良いとこんな感じでアルザス一帯を見渡せるのですが、
その日は一日中霧が濃くて数メートル先も見えない状態
こんなの行っても寒いだけで景色も悪いし…と内心思っていたら…

お城に着く直前で快晴に!

20190117065952b2c.jpeg

そう、霧の上に抜けたのです!!

20181229194304899.jpeg

もうラピュタの世界❣️
空のモンサンミッシェル

お城の中も立派だったけど、もうこの景色を見れただけで
大興奮でした!
それも雲より低い霧なのでその上は快晴でアルプスまで見えた

最後に一目惚れして購入したストウブのココット。
柄が入ってるのが珍しくて。
ストウブもアルザス発祥です。

2019011707000289d.jpeg


あっという間だったけど、久しぶりのアルザスを堪能してきました

今年もしっかり遊んで食べて、また次回のヴァカンスを励みに
仕事も頑張っていきたいと思います!
ブログものんびり出来る範囲で更新していくつもりです。

2019年が素敵な実り多い年になりますように。


2018/12/31

大晦日♪

大晦日です。
日本ではもう新年ですね。

仕事納めに相応しい?!激しいサービを終え、荷造りをして
翌朝アルザスまでフランス横断!
何度か休憩しながらだったので10時間かけて何とか到着しました
ここまでの車での長距離移動は初めてだっかも。
子ども達もアキも文句ひとつ言わずに乗っててくれたけど、
長かったな〜

何故そんなに急いでアルザスに行ったかというと、ヴァカンスに入ったのが22日、
そして殆どのクリスマス市が23日に終わってしまうのです…
アルザス、ドイツは24から26日まで殆どのお店が閉まるという…
一番稼ぎどきなんじゃないか?!と思うのだけど
そんなの御構い無し。私達もお店閉めて来てるし文句言えません。苦笑
大きな街は年末までやってるところもありますが
アルザスの小さな町が素敵なんです

20181229194313cfd.jpeg

20181229194313b94.jpeg



コルマールのクリスマス市は初めてだったけど、イルミネーションとか
めっちゃ綺麗だった!
(カメラ忘れて携帯の充電も切れて、これしか写真撮れなかった…)
ここは比較的大きな街なので年末までやっているそうです。

20181229194212990.jpeg

20181229194129ce5.jpeg

そして夫はお肉屋さんで大量の肉(特産のハムやソーセージ類)を買い込み
今日自宅に戻って来ました。
今年は家族で静かに年越しそばを食べて新年を迎えます。

これは私がアルザスのクリスマス市で買いたかった木製の
クリスマスのデコレーション

201812310611565e0.jpeg

今年も慌ただしく過ぎていった一年だったけど、仕事も順調で
皆んな元気に過ごしてくれて良い1年でした。

来年も素敵な年になりますように…!


2018/12/17

12月♪

とうとう12月に入りました
それも既に半分が過ぎてしまい、今年も残すところあと2週間。
毎年言ってるようですが、本当に早い
仕事も今週いっぱいで終わりです

12月は忘年会シーズン、私達も団体客やケータリングで忙しくしてますが
さらにイベント盛り沢山なんです、我が家は。

最大イベントのクリスマスに加えて
先週末は夫の誕生日、今週末は息子の誕生日。
(因みに今週末は姉、来週は母の誕生日と続きます…)

2018121701560413c.jpg

奮発してリーデルのシャンパーニュ専用グラスで乾杯!
特別な時に飲むシャンパーニュ用に特別に作られた贅沢なグラスです。
手前の香炉は夫がずっと欲しがっていたもので
日本の実家に協力してもらったサプライズプレゼント。


そして息子には…

ジャーン
201812170154218aa.jpg

バースデービーフ!

約1,5キロの肉の半分をペロリと息子が平らげました
(残りの半分は私と夫と娘)  

ちゃんと後でケーキにロウソクもしましたよー

因みにこれは本日(誕生日翌日)の家ランチ。
当日はお気に入りの日本食レストランへ行って、
プレゼントも買いに行きました

13歳になった息子。
この一年は大きな変化がありました。
それは…
息子に背も足のサイズも抜かされた!
なんか急に大人になったというか。
いつかは、と覚悟はできてたけど、まさか12歳で抜かれるとは
産まれた時には思ってもみなかったヨ…
来年は夫に追いつくんじゃないかという勢いです。
既に足のサイズは同じくらい


そしてもうすぐクリスマス。

今年は家族でアルザス地方に行きます。
いつもは夫の実家に帰ったり家族親戚で過ごす事が多いですが
今年は義弟家族も来れないらしく、どうしてもアルザスのクリスマス市を
もう一度見たい!という私と夫の希望で、フランス横断です!
アルザスでは仕事をしていたのは15年ほど前。
アルザスやドイツのクリスマス市は本当に素敵
子ども達にもいつかアルザスを見せてあげたい、とずっと思っていました。

おじいちゃん、おばあちゃんのところでクリスマスをしないと聞いた娘は
サンタさんがちゃんと来るように、サパン(ツリー)を持って行かなきゃ!
とずっと言っているので、携帯用ミニツリーを購入。

20181217015746401.jpg

サンタさん、まだ信じてるのかな〜…
微妙なところですが、信じたいのかな。(←特にプレゼントの為?!)


今年は少し余裕があったのでお店の方にも
ぶどうの木でツリーを作ってみました。

20181217073923bd6.jpeg

ちょっとシンプルですが…
あんまりお店にはピカピカさせたくないという個人的主観で

201812170158448f9.jpg


皆さんも素敵なクリスマスをお迎えください!

2018/11/18

DIY♪

昔は日曜大工なんて言ってたけど、最近はDIY(「Do It Yourself」の略)と
カッコイイ言葉になってる様で…

日本でも自分で物を作ったり家の改装などする人も最近は増えてる様ですが
フランスでは恐らく昔から皆、出来る限りの事はDIY。
レストラン開業の時も自分達でやったなあ〜
(開業準備)


そして昨日の土曜の朝。
この1週間はお客さんが予想以上に多く、バテ気味だったので
ゆっくり寝ていたら、外でガガガー、という騒音が!
時計を見ると朝8時。

外に出ると…


庭にパワーショベルに乗った友人が!

20181118043019a70.jpeg


庭を縦断する約50mの穴を掘っていました

201811180603124ec.jpeg

穴を掘ろうという話をしていたのは聞いてましたが
まさかここまで本格的とは思ってなかったのでビックリ。

息子は戦争ごっこが出来る〜と喜んでた…

で、この穴は何かというと…
もともと我が家の庭の端にあった溝がこの土地の前の持ち主によって
売却前に塞がれていたことが発覚。
昨年末から今年の年明けにかけて長雨が続いた時に
庭は水浸し、他より一段低いところにある書斎に水が浸透して
壁やフローリングにカビが!!
これは放って置けないということでまずは庭の水はけを良くするために
穴を掘り、上から流れてくる水を止める専用の太いチューブを通し
そこに水が入って道路側に流れる様にするという作業だったのです。

そういう事に詳しい友達が、1日で出来るよ、と言うので
休日返上で朝からパワーショベルを借りて来てくれました。

そしてそういう事に非常に疎い夫は、アシスタントと料理係。

20181118043022605.jpeg

この友人が先週狩ってきたイノシシのワイン煮込みです。


みんなでワイワイ2時間ほど休憩を兼ねて食事をしてまた再開。

穴を埋めて16時には終了。

20181118043023b99.jpeg

これで水はけ良くなるといいな〜、
ってか、なってもらわないと困る!


そしてカビが生え出した部屋の方。

3週間前に遡りますが…
フローリングと壁紙を剥がし、漂白剤と専用の洗剤で消毒後
ヴァカンス中で義両親にお世話になっていた子ども達を
義父が送ってくれたついでに、張り替えてくれました!

20181118043014299.jpeg

コンクリートの基盤の部分とフローリングの間に通気が良くなる様に
隙間を作ってその上に専用の板を乗せて張っていきます。

壁はペンキにするか壁紙にするか悩みましたが、日本っぽい柄のブルーの
壁紙を見つけたので入れてみました。

20181118043014143.jpeg

201811180430164aa.jpeg

娘もお手伝い

2018111804301700d.jpeg

義父も仕事があるので帰った後に、自分達で2週末に渡り
細かい所を仕上げて、何とか今日完成?!

20181119065232d37.jpeg

よおく見ると真四角ではないし、いろんな角度の微調整とかが
慣れない作業なので結構大変で時間がかかった…


DIY、やってみると自分でなんでも出来ちゃう!と楽しい反面、
週末お出かけが出来なくなるので(私も夫もやり出すと止まらないので…)
来年までしばらく休憩。
年末は仕事もまた忙しくなるし、クリスマスヴァカンスは
ちょっと遠出の予定です。

次は何処をしようかな〜