FC2ブログ
2013/12/19

Mr.Loup

先週末娘が学校からオオカミのぬいぐるみを預かって来ました。

オオカミはLoup(ルー)と言ってこのキャラクターのシリーズの絵本が
最近フランスでは人気があります。
IMG_0329.jpg


お話の内容も面白おかしく色も綺麗、なんと言ってもこのオオカミくんの
ちょっとひねくれてトボけた様子がイイ味だしてます。


話を聞くと毎週末このぬいぐるみは順番に生徒の家庭に行き
その間その生徒はムッシュー・ルーの責任者としてお世話をしないといけないとか。
ぬいぐるみと一緒に彼の旅行用品一式入ったカバンと
日記帳が入っていて、そこには一緒にしたことなど写真などを踏まえて
生徒とその親が説明するようになっています。

娘は私が彼の保護者よ!と大張り切り!!

お買い物やお散歩も一緒に行ったり…
(写真撮り忘れました

P1240181_2013121917164879e.jpg
ご飯を食べさせたり…


P1240167.jpg
歯磨きしたり…


P1240170.jpg
寝る時も一緒

お兄ちゃんのお誕生日にもご招待
P1240203.jpg


お姉さんというより、すっかりママの様な口調であれこれお世話をしていた娘。
責任感を学ぶのに良い教材だったかも。


そして来週の月曜日に迫った帰国。
娘が日本にルーも連れて行きたい〜というので
早速ネットで注文して今日届いたルーJr。
P1240217.jpg



先生にもルーの日本での様子を写真で送ると約束してました。
一緒に飛行機乗って日本に行こうね!

2013/12/10

フラメンコ 発表会♪

先週末は娘のフラメンコの初発表会がありました


練習用のシンプルな衣装とタップが踏めるように
専用の靴も購入。
小さい子が着る大人の衣装って可愛い
P1220946_convert_20131210080347.jpeg


さて、舞台は村のマルシェ ド ノエル(クリスマス市)の一興として
行われました。

度胸も愛嬌もある娘なのであまり心配はしていなかったのですが
舞台に上がった娘の顔は硬直…(-_-)
踊りもいつものノリノリとは違ってぎこちないし。
観客も多かったのでやっぱりさすがの娘も緊張してる


IMG_0013_convert_20131210071559.jpg

でも結構サマになって踊ってました。
IMG_0015_convert_20131210072322.jpg

最後は拍手喝采
P1240065_convert_20131210073658.jpg


そして終わって舞台を降りてくる娘が
泣きそうな顔で
「口紅とって〜‼︎」

先生に踊る直前にベットリ付けられた真っ赤なルージュが
嫌だったようです。
確かに唇からはみ出してるくらいベトベトに塗られていて
近くで見るとちょっとコワイくらいでした
どうもあの固まった顔は口紅のせいだったらしい…

出店で欲しがっていたお菓子を買っても食べないし
知り合いに会ってもいつもなら飛びついてキスをする娘が
「今は出来ないの!」と言って挨拶拒否…
ティッシュで拭き取ると、あっという間にお菓子も食べ
いつもの娘に戻りました。


今度の発表会は家でママがお化粧してあげるからね。
(口紅は控えめに!)

とにかく初めての発表会、上手に踊って頑張りました

2013/11/05

子ども達の変化♪

我が家のモンスター達が戻ってきて、学校も始まり
一気に慌ただしい日常に戻りました


部屋は散らかる、洗濯は増える…
でもやっぱり可愛い 楽しい


そして毎回義両親の家に預ける度に成長や変化を感じるのですが
今回は何だか2人めっちゃ仲良しになってる
もともと2人で遊ぶ方ではあったけれど(もちろんケンカもします)
何というか結団力が固くなったというか
特に息子がお兄ちゃんになっていて娘をなだめたり
かばったりえらく優しくなってるのです。

いつも義両親宅に行くと最初の2、3日は一人で寝たがらず
義母が付き添って寝かせていた娘。
今回は初日に息子と2人だけで寝かせてみたら(息子は最初嫌がっていたとか)
ちゃんと朝まで寝たそうで結局2週間2人で寝ていたらしい。
その影響で絆が深まったか?!


その上私達に対してもいつも怒られ役の息子が
何だか少し大人びた口調で妙に聞き分けも良くなってるのです!
これは気のせいではなくて夫も顕著に感じたようです。
まあ、もうすぐ8歳ですしそういう時期なのかもしれません。
このままいい方向に続いてくれたら良いけど
そう思う通りにいかないのが子育て。
また反抗期にもなるだろうし、いろんな問題にぶち当たりながら
親も子も成長していくのです…


ちなみに娘の変化。
義両親宅では食事をする前ではなく
食後の手洗いが徹底されているのですが
何も言われなくても手を洗いに行くようになりました。
(ただ私はそこまで食後にこだわらないのでこの習慣は
次第に忘れられる可能性有)
それからこれは義母が教えたそうなのですが寝る時はノーパンに
寝る前に自分でパンツを脱いできちんと畳み
起きたら自分で履くのです。
うーん、この習慣は続けるべきか⁈ (今日は履かせました)
確かにフランス人は下着のみとか裸同然の格好で寝る人が多いのです。
とにかく服など畳めるものは何でも畳むようになった娘。
洗濯する汚れた服まで畳んでいます…(^_^;)
それから日本語スイッチの切り替えが鈍くなっているので
曖昧な表現は聞き逃さずにしっかりチェックデス。

初めて義両親に子どもを長期で預けたのは
息子は4歳、娘は3歳になったばかりの頃。
最初は心配で抵抗もありましたが、今ではどうぞどうぞ
いってらっしゃいという感じです。
私たちが少し楽になるという理由ももちろんありますが
それ以上に離れている子ども達が一層愛おしく思え、
普段慌ただしい生活でゆっくり話す機会がない夫とも
独身時代のようにレストランや映画に行ったり…と
親子関係、夫婦関係をリセットする良い機会になっています。
(毎回トータル2000㎞の移動はちょっと大変でもあるけど)

今回芽生えた兄妹愛。
ずーっと続いてくれるよう母は祈ってますヨ




2013/10/13

フラメンコ♪

短い夏が終わったかと思ったらここ数日は
イキナリ真冬のような寒さ!
今朝は5度、午後最高でも10度でした

さて、昨夜は友人のワイナリーで収穫の打ち上げに
収穫のメンバーでもないのに招待されたので行って来ました。

今年はブドウの傷みが早く週末もなくノンストップで急いで
摘んだため皆疲れていた分、打ち上げでは異様にハイテンション
(大きなシャトーは急いでもまだ摘みきれずに来週まで
 持ち越す所が多そうです)
私たちも一週間の疲れからかいつもよりお酒のペースが
進んでしまい、今朝は珍しく2人とも二日酔い…
というより歳のせい?!

娘はこの日、昼寝もしていないのに
夜中0時まで一番元気に走り回ってました
(そして休みの日に限って早起きをする子ども達

そんな元気が有り余っている娘に
そろそろ習い事でもさせようか、と
新学期が始まってから考える呑気な親…

村でやっているダンスがいくつかあるのですが
仕事もあるので時間帯が送り迎えのし易そうなフラメンコダンスを
先週取り敢えず見学に行きました。
(他にはクラシックやズンバ、社交ダンスなども)

行ってみると生徒は5〜6人。
それも結構年上の子ばかり。

先生は娘を一目見て、
「ちょっと彼女は小さすぎるかもしれないわね〜、
 ここで一番年下の6歳の子でもその前に2年間のクラシックダンスの
 基礎があったし、フラメンコは結構難しいから
 クラシックから始めたら?」

と始めからあまり相手にしてない様子で
取り敢えず娘が興味を示すか側で見学をすることに。

音楽が始まると一緒に踊ったり
手拍子をする娘を見て、先生からの
「一緒にやってみる?」とお誘いで
躊躇もなく舞台に上がる娘。

家でも良くクルクル回って踊っているので
ターンの速さと安定さに先生もビックリ!
一度教えたらその通りにする飲み込みの早さに驚いたわ〜!
この調子なら大丈夫そうね、来週から来てOKよ
と許可を頂きました
ただリズムの取り方がどうしてもロックンロール調になってましたが…
クイーンの聴きすぎ⁈!



IMG_3459.jpg

急に始めたので衣装も整ってないのですが
(紫の一番チビが娘)もう少し様子を見て
本当に続けたい、と思うようなら専用のドレスも
買おうかと思っています。
小さいうちは裾が広がるスカートと
かかとが少しある靴だけあれば大丈夫だそうです。

はてさて、立派なセニョリータダンサーになれるかな?


2013/07/18

シラミに注意!

いつも書こうと思いながら後回しになっていたシラミの事。

なんか書いているだけでもかゆくなってきますが…


フランスの幼稚園、小学校に子どもが居る家庭では
お馴染みのシラミ。
そうなんです、フランスでは学校で伝染されるものの
代表の一つなのです。

学校からも良く
「シラミ到来!注意!!」
なんていうお知らせを連絡帳にもらって来ます。
※フランス語でシラミはpoux(プー)と言います。

私も最初はえーーーー!シラミ
うちの子は毎日髪の毛も洗ってるし
そんなの付くわけない!!なんて思っていたのですが
ある日息子と娘が頭を掻き掻き…
まさか!と思ってよおく見るとシラミの卵が
シラミ自体は移動が早くて肉眼では見にくいので
卵が見つかれば=シラミ生息と言う事になります。
そしてこの卵、髪をゴシゴシ洗ってもびくともせず
セメントのようなものでしっかり覆われてこびり付いているので
一つずつ爪で挟みながらしごき取っていくしかないのです。
最初は卒倒しそうなほど気持ち悪かったのですが
2度、3度…と繰り返すうちに慣れて来ました。
子どもの髪の毛の根元を一本一本凝視する姿は
まさに蚤取りをする猿の親子。


その後に専用の櫛とシャンプーでしっかり退治して
同じことを約1週間後にも繰り返します。
(取り除ききれなかった卵が孵化した場合を考えて)
IMG_2721_20130719060858.jpg
専用シャンプー。普通に薬局で購入出来ます。


それから完治するまで毎日パジャマと枕カバー
シーツを全部取り替えたりと、一度もらってくると
数日間は相当大変


フランス人はもともとあまり髪を洗わない人が多いのですが
結局は不潔にしている子どもが多い事、
それとシラミが発生し易い気候なのかな?とも思います。(根拠はないですが)
どちらにしても学校で貰ってくるのは確かな様です。

そしてシラミが付き易い頭、というのもあるらしく
どうもうちの娘は息子よりも貰ってくる回数が多い…
それもシラミは綺麗な頭を好んで移るようなので
清潔にしていても効果なし…


そんな中最近ママ友や薬局の人に聞いて試しているのが
ラベンダーのエッセンシャルオイル。
IMG_2723_20130719060857.jpg


週に何度かいつものシャンプーの中に数滴混ぜたり
学校に行く前に耳の後ろに一滴ずつ付けています。
これを始めてからここ数ヶ月はシラミが付いていないので
結構効果アリかも。
今では娘が髪の毛を洗う時には
「プー来ないようにね〜
なんて言いながら自分でオイルを滴して洗ってます。
ただ付けすぎると香りがキョーレツになるので注意!


と、ちょっとかゆ〜いお話でした