FC2ブログ
2016/09/05

セン。

約16年前、私と夫が一緒にフランスで暮らし始めた頃
一匹の仔猫を拾いました。青い目をしたメスの綺麗な猫でした。
人口180人、バスも電車も通らず、一年の半分は雪が積もっているような
田舎の3ツ星レストランで働いていたある夜、
ニャーニャーと泣いている声を聞き、凍え死にしそうな子猫が
雪の中でうずくまっているのを見て、とにかく家の中に入れて
温かいミルクを飲ませ一晩風呂場においておきました。
翌朝、その子猫を外に戻そうと手に取ると
あまりの儚ない可愛さに二人とも心を奪われ、もう手放せなくなってしまいました。
その直前に夫と観た「千と千尋の神隠し」から「セン」と名付けました。

それから約15年半。昨日そのセンが虹の橋に旅立ちました。
正確には亡くなったという日本からの訃報だけでまだ実感はないのです。
でもそれを聞いたとき、家族皆涙で言葉もありませんでした。
 
10年ほど前フランスから日本で仕事をしようと拠点を移したとき
それまで家族同然に可愛がっていたセンをどうしてもフランスに
置いておくことができず、日本に連れて行きました。
猫はケースに入れて飛行機に同乗は出来るのですが
入管で2週間の検疫を受け、実家の福岡まで更に飛行機という
長い長い手続きを終え、一緒に日本で生活を始めました。
その後息子が産まれたのを機にセンを私の実家に一時預かってもらうはずが
居心地の良さにそのまま居着いてしまったという経緯。
それまでマンションから出た事がなかったセンが、庭付き一軒家で
自由に出入り出来る生活を覚えてしまったらしょうがない…
うちの両親にもしっかり可愛がられて幸せな一生だったと思います。

私達にとって最初のペット、というより子どもの様に過ごした約5年間。
特に私が過労で1ヶ月ほど仕事ができず、フランスで家族もいなくて
家に1人で居ないといけなかった時にいつもセンが側にいてくれました。

100_0068.jpg
とても美人さんなヨーロピアン猫。
ほとんど悪戯もしないお利口さんでした。


これはうちに来て初日の最初の一枚。
IMG_0347.jpg

可愛くて写真を撮りまくってたけど、デジカメも無い時代だったので
写真の現像代、バカにならなかったなあ…
IMG_0346.jpg

初めて猫を飼ったのですが、それまで犬派だったのに
猫の可愛さにメロメロでした…
IMG_0353.jpg

これはアルザスのマンションのテラスで。
103_0369_1.jpg

プロヴァンスにも。(仕事で毎年の様に引っ越ししていた)
116_1632.jpg
4階に住んでたのですが、ここから落ちて鼻を割って
獣医さんに行ったり大変だったな…

実家では先住のメルともお友達になりました。
129_2926.jpg
今頃メルと虹の橋で再会してるかな…

メタボと笑われてた中年期。
P1220098.jpg

亡くなる直前。
セン9.1-3
ずいぶん痩せたようですが、最期まで凛々しい顔のセン。
最後にもう一回会いたかったな…
鰹節が大好きだったので、鰹節の袋をみたら
涙が止まりませんでした。
でも多分一番寂しいのは、メルもセンも居なくなってしまった
うちの両親のはず。10年以上お世話になりました。
二人が朝起きるのを待っていた様に、それからすぐに
息を引き取ったそうです。
最期までセンに沢山の愛情を与えてくれてありがとうございました。

合掌。





2016/07/18

夏休み♪ 後半

お友達にお世話を頼んでいたアキを迎えに一度自宅に戻り、
それから夫と2人&1匹でドルドーニュ地方に出かけました

久しぶりに行くドルドーニュ。
天気も良くて景色も最高!

IMG_6597.jpg

こんな感じで岩に張り付いた様に家が建っている村が
何カ所かありました。
「フランスで一番綺麗な村」の一つに指定されている村が点在!

IMG_6534.jpg

IMG_6581.jpg
こんな急な坂道だらけの村が多くて登るのが結構大変
歳とってから住むのは大変かも…

IMG_6599.jpg


このシャトーは既に息子が学校の旅行で来た事があって
絶対行ってね!と息子からのオススメ。
IMG_6530.jpg

犬も同伴可能でアキもシャトーに入れました!

IMG_6573.jpg

その近くにある庭園も同じオーナーで犬OK。
はっきり言って犬自身は観光なんてどーでも良い事だと思うのですが
車で待機よりは嬉しいだろうし、飼い主にとっても
観光範囲が広がるので有り難いです。
最近は普通の公園でも犬が入れなかったりするとこもあるので…

IMG_6541.jpg

午後になって暑さがとにかく苦手なアキがバテてきたので
帰りは送迎バスで庭園の出口まで。
IMG_6536.jpg「楽チ〜ン


カヌーがとにかく多かった!
今度子ども達と一緒にしたいなあ。
IMG_6547.jpg

車の窓から顔を出すのが大好きなアキ。
IMG_6516.jpg
ただ危ないので窓の全開はしないで、ゆっくり走る時だけ許しています。

IMG_6604.jpg 「キレイですね〜」

今回も宿でも何処のレストランでもちゃんとお利口にしてくれたアキ。
本当に仔犬?と驚かれる程の落ちつき様でした。(がたいからも仔犬には見えないし…)
すれ違う他の犬にガウられることはあっても、応戦する事も無く
全く動じない貫禄。
人&犬懐っこいアキは、「何だよ〜遊んでくれてもいいじゃん!」
みたいな顔はしてましたが…
観光地でのマーキングもほとんどありませんでした。
普段からウン○も絶対人前でしたがらないので、
原っぱの遠〜くまで行って隠れて済ませます。
(ただ、便の状態を見れないという難点もあるのですが)


今回感じたのはとっても犬に優しい所だったこと。
犬と一緒に観光出来る所も多かったし、どこに行っても
犬用の水が道ばたにおいてあったり、レストランやカフェに行っても
頼まなくても犬にまず水を持って来てくれたり…
私も今度犬連れのお客さんが来たらそうしてあげよう、と思いました。


帰りに偶然見つけた穴場スポットで水浴び。
裸になってジャバジャバ入って行く夫…
そして心配そうに見つめるアキ。

IMG_6453.jpg

初めての川で全身入るのに躊躇していましたが
夫が水の中で浮かんで動かなくなったのを見て心配になったのか
(夫は気持ち良くて浮かんでただけなのですが)
恐る恐る川の中に入って行きました。
IMG_6465.jpg「パパ〜、大丈夫?!」
(全身入ってちょっと泳いだところは撮り忘れた)

IMG_6474.jpg

こんな感じで2泊3日の小旅行もあっという間に終わって
つかの間の夏休みでしたが、しっかりリフレッシュできました!

さぁて、長〜い夏、後半も頑張ろう

2014/06/10

Birthday♪

今週の月曜日はこちらでは祭日だったので
レストランも3連休を戴きました。

本当はこの連休で引っ越す予定が、銀行側のミスで
手続きが遅れ、約一ヶ月間待っている状態が続いています…
相変わらず謝る事も無くのんびりなフランスです。


御陰で?荷造りの中でも一番手を付けたくなくて
後回しになっていた子どものおもちゃ、家族の服の
要るものと要らないものの整理もこの週末で終わりました


スーツケース一つで一人フランスに着いた15年前。
今では家族4人とトラック一台分の荷物
それでもウチは引っ越しが多かったので荷物は少ない方だと思うのですが
こうして見ると本当に無駄な物が多い…のに捨てられない〜
意を決して捨てたり服は寄付したり…要らないものだけでも
段ボール数個分になってしまい、全然エコじゃないよなあ、と反省


さてこの連休中に私も誕生日を迎え、だんだん自分でも
ビックリする歳になっていきます。
仕事は大変ですが、とにかく家族元気で過ごせている事に感謝。
そして産んでくれた両親に感謝。
支えてくれているみんなに感謝。
プレゼントをもらってお祝いしてもらう、という日から
歳をとるに連れていろんな事に感謝する日に。

また一年、無事に楽しく過ごす事が出来ます様に…


PS。
我が家の垣根に産まれた小さな来客。
IMG_0644.jpg

2014/05/26

母の日♪

昨日の日曜日はフランスで母の日でした。
毎年父の日は日本と同じですが、母の日は五月の最終日曜日。

毎年子供達は学校でプレゼントを準備するので
数週間前から言いたくてウズウズ…
でもサプライズだから言ったらダメ!と先生からもキツく言われている様で
絶対言えないからね!とサプライズがあることをばらす娘…
金曜日家に帰って来てからも様子が見るからにおかしく
通学の鞄を隠しながら自分の部屋にそそくさと入って
何でも無いから!とますます怪しい発言。
でも鞄から出してどこかにちゃんと隠していたようで
日曜日の朝私が起きたと同時にプレゼントしてくれました

IMG_0805.jpg
娘からはチーズの入れ物で作った箱の中に手作りの指輪、
息子からは紙と藁で作った籠。

そして毎年恒例のフランス式マザコンポエム

「花の様に美しいママ
 ボクの胸の鼓動が聞こえる
 永遠に心から大好きだから」


夫からのお花。
IMG_0809_20140526070636a4c.jpg

フランス人のサプライズ好きはこうして幼少の頃から
学校や家族から学んでいるようです。


娘が摘んで飾ってくれた野花とラベンター。
IMG_0819.jpg


PS。
今年はまだ実がならないと思っていた柚子の木。
花が一輪だけ咲いていました。
IMG_0730_20140526070635d3c.jpg
初柚子一個収穫出来るかな?!

2014/03/03

雛祭り

今日は3月3日、雛祭り。

2月は後半2週間子ども達が居なかったので、すっかり忘れていて
やっと昨日出しました
今年はゆっくり今月一杯飾っておこうと思います。

P1200368.jpg
伯母手作りの宝永親王雛。


娘は何度訂正しても
「お姫様」と言い、
息子は毎年お供え物をして
「な〜む〜」と拝む… ま、いっか。

IMG_0132.jpg
これは両方母の友人(故)が作ってくれたもの。

大した置物が無い我が家に
この時期だけ飾れる宝物。