FC2ブログ
2020/03/27

外出禁止中の過ごし方♪

日本でも外出禁止令が出るか出ないかで検討されてるようですが…

経験者の私からすると、検討とかしてる前に確実に感染者が増えてるんだから
一刻も早く強制的にでも封鎖しないと、感染が爆発してからではもう手遅れなのです。
経済や対応がどうとか心配している前に、今のヨーロッパのような状態になったら
そんなこと言ってる場合じゃなくなります。
(どうでも良いですが、オーバーシュートとかロックダウンとか
 なんで外国でも使わない言葉を日本で使ってるのか疑問…)
フランスや都市封鎖、外出禁止の規制をかけている他の国は、
とりあえず緊急事態ということで宣言を出した。
どこも対応は今整えているところだと思います。

最初の外出禁止令の時、マクロン大統領は先生が子どもに説教するように
正面から話しかけているのが伝わってきました。
日本のトップがここまで国民を納得させる演説ができるのかと
疑問にも思いました。

幸いヨーロッパはアメリカなどに比べて保障がしっかりしてるので、
国民にも生活の保障はするから家にいなさい、とキッパリ言える。
うちのような小さな自営業は未だにどうなるかわかりませんが、
それでも大統領は「今回のコロナで企業を倒産させることはさせません」
と言ってくれました。まあどこまで本当かはわかりませんが

それでも言うことを聞かない国民はいるもので…

今週からさらに規制が厳しくなりました

まず罰金が2回目からは1500ユーロ(18万くらい)、
4回すると3700ユーロ(約45万!)、さらに懲役付き。

外出する際の証明書も様式が変わり、記載個人情報も増えて
毎回時間まで書くように。仕事以外は外出の度に新しい証明が必要です。

最初から個人的なスポーツや散歩はOKと言われていたので、
それを利用してジョギングやサイクリングし放題の人も多かったのですが
今週から1日1回、1時間、1㎞以内に。
外出禁止令が出てから異常なほどの快晴続きで、家で何もする事のない人は
ヴァカンス気分の人もいるようで…
なのでアキの散歩も夕方1日1回になってしまいました。
それも1キロ範囲内をぐるっと回る程度。
と言うか1時間でなるべくたくさん歩けるようにぐるぐるぐるっと。笑
まあ1日庭にいるのでアキにとってはそこまで不便ではないですが、
毎朝日課の散歩がなんで無くなったのかな〜と不思議に思ってるかな。
それもみんな家にいるのに。

そして私が前回疑問に思っていたマルシェ(市場)も原則的に禁止になりました。
庶民が買い物に走る大型スーパーの方がさらに危険度は上がりそうですが
そこは流石に閉鎖できない。結局大きなところが残っていく…

子どもたちはずっと家にいるので、退屈するかと思いきや
学校側がしっかりとプログラムを立てる素早い対応をしていて
結構な量の課題が毎日送られてくる!
それをこなすのに学校行ってる時と同じくらいの時間がかかっているようです。
しかし、問題が!
息子は自分でパソコンで色々やって送ったりしてるようなのですが
娘はそうもいかず、全部の課題をプリントアウトして書き込んだのを
親が一枚一枚スキャンして先生に送らないといけない。
紙代、インク代、時間、結構かかります!!
そして間違ったところは、訂正ではなく、ここが間違ってる、とだけの指摘。
なのでまた考え直して送り直す、そして全問正解になったらOK。
日本の休校中はこういうシステムがあったのかわかりませんが
こうした切り替えの早い対応はすごいな、と思いました。

因みにTVでも学年に合わせた教育テレビみたいのを毎日放送していて
サイトからもいつでもその放送を観れるようになっています。

私も今回の強制閉店で時間が有り余ると思いきや、
午前中から14時ごろまでは少しずつですがテイクアウトをこなし
遅めの昼食を家族で済ませてから、娘の課題のチェックや送信、
お店の書類関係、時々夜のテイクアウトもあったり、
お菓子を作ったりしていたらあっという間に1日が過ぎていきます。

当初は15日間の外出禁止令でしたが、今が一番ピークを迎えつつある時のようで
あと1ヶ月ほど続くのではないかという話も出ています

良くも悪くも切り替えの早いフランス人。
この状況にも慣れてきた感じです。
うちは相当な被害を受けてるので、今後のことは心配ではありますが。
幸い村の人たちが時々テイクアウトなどしてくれるので、
毎日少しでも仕事が出来るだけよかったと思っています。
なんかこういう状況になって、この村に来てよかった、
できる限り催しなどにも貢献していて良かった、と思いました。
こういう時こそ本当に大事なものが見えてくる、
そしてもっと強くなれる、とマクロン大統領も言っていました。

反抗期の息子は、今年の9月から寮制の高校にでも入れようという話もありました。
でも結局それどころではなく学校の説明会も中止の状態。
おそらくこのまま地元の普通高校へ1年間だけでも進学することになると思います。
来年からの進路変更、学校変更も可能なので、また1年ゆっくり考えればいいかと。
今回のことがなかったら、思いっきり反抗期の状態のまま
本当に一緒に何かする、という時間を取ることもせず
私たちから離れていっていたと思います。
今は本来ならちょうど進路先を決めないといけない時期でもあって、
私自身、あ、もうこれでほとんど子育て終わっちゃったんだろうか?
もっといろいろしてあげたいこと、話したいこと、やりたいことあったのに、
と思っていたところでした。
息子も私たちが大変な状況であるのを察してるので、いつもより聞き分けがいい。笑
とにかくフランスは受験がなくて良かった!

娘ともこんなに毎日のようにお菓子を作ったりする時間とか
多分一度もとったことなかった。
お店のデザート作る時間さえもなかなか作れなかったくらいなのに
今日は何作ろうか〜と一緒に考えて作るのが楽しい!
洗濯機の回し方も覚えたし、朝は全部干してくれる。
息子と一緒に食事の準備や後片付け、食後のコーヒー出しまで
率先してしてくれるようになりました。
娘の勉強もここまで一緒に見ることはなかったし。
(娘のはまだついていけるけど、息子の課題にはお手上げ状態の母

今までは仕事の時は忙しすぎて、少しでも休みがあれば家にいないで
どこかに出かけてたり食べにいったり。
それはそれで楽しかったですが、今、本当にある意味貴重な時間だな、と。
夫とも今までずっと公私ともに一緒だったので、そこまで生活は変わらない。
どっちかというと、別々のことをする時間が逆に増えて新鮮だったり!笑
逆に今までずっと仕事で別々だった人たちがずーっと家で一緒だと
問題出てくる人もいるのかな〜、とか…


とにかくこんな時間も一生に少しの間ならいいかな、
人生の休憩として考えようと思っています。
あまりにも長引いたらめっちゃ困りますが


また長くなってしまいました。
今回はこの辺で。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント