FC2ブログ
2010/05/30

Fete des mamans!

今日はフランスの「母の日」

日本のようにカーネーションを贈るという習慣はないが
子供達はMaman(マモン)にプレゼントを贈る。

息子は幼稚園で作ってきたプレゼントを
日曜日のサプライズだからね!と1週間前から予告してくれ
金曜日にもって帰ってくるなり、
「これは日曜日のサプライズだけど、今開けてみる?」と
本人が一番ウズウズ…
サプライズ(フランス語ではシュープリズ)と言う意味を
いまいち理解してない?!

じゃあ、ここに置いておくけど日曜日まで開けないね、と
棚に置いておいた。

そして今朝、起きるなり
「ママ~、プレゼントだよ!」と包みを持ってきて
こう耳もとで囁いた。

Si j’etais jardinière
Je ferais pousser une fleur en forme de coeur
Elle serait pour maman qui la garderait longtemps
Car maman saurait que
la fleur c’est tout l’amour de mon coeur ...
(もしボクが庭師だったら
 ハートの形の花を咲かせよう
 それをずっと育ててくれるママのために
 だってママはその花が
 ボクの心からの愛だって知っているはずだから…)



一瞬耳を疑い、そして腰が抜けるほどびっくりした!
こんなセリフを幼稚園で習ってきて
それを間違えずに暗記している息子に驚いた

いつもは完全におちゃらけキャラの息子の口から
こんな言葉が出ると(それも耳元で)
どう対応していいのか一瞬戸惑ってしまった…

P1060681_2_1.jpg

「ありがとう
ぎゅっと抱きしめた。

イタリア人の「マンマミーヤ」ほどではないかもしれないけど
フランス人も「マモン」に対する思いは深い。
夫も私よりもお母さんに全てを報告しているんじゃないかと
思うくらいしょっちゅう長電話しているし
久しぶりに会った時は抱きしめたりしている。
日本の「マザコン」ともちょっと違う。
母親は特別な存在。

こうしてフランスの子供達は小さい頃から
マモンに対する態度と甘い言葉を叩き込まれてるんだなあ…

初めてフランスで味わった「母の日」。
私も子供達にとって
いつまでも特別な存在でいられますように

P.S.家の裏でパパとお花を摘んできてくれました
P1060682_1_1.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント