2016/01/14

アキ

ご存知の人も居ると思いますが、愛犬アキが昨年末に
虹の橋へ旅立ちました。

あまりにも辛い出来事で、思い出しては泣く毎日だったので
しばらくアキの事には触れていませんでしたが
やっと少し心の整理がついて来た感じです。

先天性の難病であると分かったのはうちに来て間もない頃。
フリーダーさんへ返すことも勧められましたが
何とか治療をしてあげたい、きっと方法があるはずと思い
いくつかの獣医さんを訪れました。
大きな街の名医と言われている人の所にも連れて行きましたが、
そこでも例を見ない稀なケースだと診断され、
治る手術の方法さえも分からないと聞いた時
目の前が真っ暗になりました。

最期まで本当に可愛くてお利口だったアキ。
人が大好きで、獣医に何度も連れて行かれて注射や入院までしたのに
獣医さんにまでいつも喜んでしっぽを振っていました。

亡くなる直前には耳もしっかり立って男前に!
IMG_5017.jpg
赤ちゃんの時のおっさん顔からずいぶん変わりました。

むく毛=ブサカワというイメージだったけど、
不細工なんてとんでもない。
こんなに可愛いなら逆にむく毛の方が良いくらい!

病気が分かってからは、日中は留守中も庭で自由に放していました。
私達が出かけると分かると着いてくる事も無くピタッとおすわりをして
見えなくなるまで見送ってくれたアキ。
今でも家を出る時にアキがお見送りをしてくれてる気がします。
IMG_4864.jpg

これは夫が帰って来たとき。
本当は嬉しくて走って行きたいのに、じっと動かずお迎えをします。
まさに侍のよう。
IMG_5013.jpg

子犬なのに、既に備わっている貫禄。
大人しいというより、凛としていて頼もしさもあって…

「沈毅にして威厳に富み忠順にして素朴の感あり、
地味の中に品位を持ち、感覚鋭敏にして、挙措重厚敏活共に備う。」
「秋田犬標準」として語られる言葉です。

人間でもどうして障害を持った子どもが産まれるのか解明されていません。
まさか、どうしてアキに…と何度も思ったけれど
アキに会えてなければ秋田犬の良さも分からないまま
他の犬種を飼っていたはずだし、少しでも一緒に過ごせた時間は
決して無駄ではなかったと思います。
今は秋田犬しか考えられないほどその魅力にハマってしまった我が家。

特に息子は悲しんでずっと泣いてたけど、仏教の教えを話したら
その通りに7日ごとにたくさんお祈りをして
毎晩ご飯の時間には、アキの写真の前にドックフードとお水をお供えして
蝋燭を点して手を合わせています。
アキが今度は元気に生まれ変わって来ます様に…

そして今度の日曜日に新しい子犬を迎えることになりました。
もちろん秋田犬です!
むく毛は一応突然変異なので、敢えて探すとなかなか見つからず、
今度は短毛の子になりました。
アキの分も元気に生きてくれます様に、
と願うばかりです。

アキが死んでしまった時は助けてあげられなくてごめんね、と
抱きしめながら何度も何度も言いました。
でも今はうちに来てくれてありがとう、
私達と新しい子を見守っていてね、と思う様にしています。

アキ、また虹の橋で会えるかな。



虹の橋の話はこちらから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント