FC2ブログ
2020/05/10

いよいよ明日から♪

明日5月11日から、長い2ヶ月間の外出禁止、営業停止などの
厳しかった規制が緩和されます。

殆どの商店は再開可能。
(前述のようにレストランは例外ですが)
小学校、幼稚園も段階的に始まります。

今まで移動も1キロ以内、常に証明書を持ち歩いていた
軟禁生活にすっかり慣れてしまったので
なんか逆に変な感じもします。

ただし、感染の多いパリ近郊やフランス北東部はレッドゾーンとされ
まだ厳しい制限や学校の閉鎖も続くそうです。
感染中度の所はオレンジ、低度はグリーンと県別に色分けしています。
私たちのいる県は今のところグリーンゾーン。

一番心配なのはまだ感染者や死亡者が続くこの状況で
また感染が広まらないか…
100キロ以内の移動は自由になったので、100キロ範囲内で
外出しまくる人も出るんじゃないか…
100キロ以内はここまで!と検索できるアプリまで出ています。

既に今週末から、もう前夜祭みたいな感じで
毎晩あちこちのテラスで堂々と友人などと食事をしたり
騒いでいる人もいました。

一足早く緩和されたお隣のドイツでは(レストランも一斉再開らしい)
ここ数日でまた感染が広まってると聞きました。

もちろんそれは想定内だったのかもしれません。
もうウィルスと共に生きていくしかないのです。
いつまでも社会、経済を止めるわけにはいかないのです。
精神的にも限界があります。

この誰も見た事のない異常な環境で
皆が手探りの状態。

学校だって子ども達の過ごし方や教育はどうなるのか?
まだはっきりしてない部分が多いです。
早速月曜から娘は学校!と思っていたら
学校や先生達の準備があるので木曜から、という連絡が…
学校始まるのは3週間前から決まってたんですけどね…
こういうところは相変わらずです。
給食は今まで食堂で一斉にセルフサービスだったのが
冷製のプレートを各自教室の自分の席で食べるとか。
自宅に戻って食事も可能なので、娘は私達のレストランまで
歩いて帰ってきて(徒歩1分)、食べさせようかと思っています。
ただ今まで2時間近くあった昼休みが、短縮で1時間ほどになるので
送り迎えをしないといけないお母さん達は大変かも。
高学年のみ親の許可があって近い距離であれば
1人の登下校も許されます。

あと、公共の交通機関を利用する際はマスク着用が義務になります。
これは罰金付き。前回と同じ135€(約1万6千円)。
バス通学の息子にはとにかく通学鞄に数枚常に常備させておかないと。
罰金払うのはこっちなんだから!
まだ中学は18日から徐々に始まる予定です。
息子の学年はおそらく再来週か6月から?確定していません。

マスクの義務化で、村からのマスクが届きました。

20200511060303f40.jpeg

ん〜…
なんか微妙。

村から配布されると聞いて、国から回ってくるアベノマスクのような
ものかと思っていたら、ボランティアの手作りらしい。
特に上の2つは耳にかける部分があんまり伸縮しなくて
かけると耳が前に折れる〜
ちゃんと試してるのかな?!
それにすごい柔軟剤のような匂いがするので、絶対新品じゃなくて
家にある要らないシーツとかで作ってるし!自分の家の物なら良いけど…
有難いけど、我が家のコロナ記念?として何処かにしまっておこう。

という訳で、もう自分で作るしかない!と思い
考えたら夫が昔からコレクションしてる手拭いがたくさんあるじゃん、と
数枚拝借してもともと裁縫好きな娘と一緒に作ってみました。
(一応全部夫のお気に入りなので渋々出してくれましたが)
手拭いの生地って薄くてガーゼっぽいからマスクに丁度いい!
それに採寸しなくても4分の1に折るだけでちょうどマスク用の寸法になる!

実はミシンもあるのに、出して糸とかセッティングするのが
面倒臭いという理由でさらに時間がかかって面倒な手縫いをするという
要領の悪い母…まあ娘と楽しく作れたから良しとしよう。

202005110559567d3.jpeg


お気に入りはこの風林火山マスク!

202005110600180fc.jpeg

夫に取られましたが。

ゴムの部分は要らないパンストを切って引っ張っただけ。
めっちゃ軽くて伸びるのでつけ心地抜群です!

それでも流石に付け慣れない布マスクを長時間していると
息苦しくなります
本格的に仕事が始まって長時間つけないといけなくなったら
医療用を探して買うしかないか…

明日から接客の時だけでもマスク付けてみようかな。
今のところお客さんはお店に1日数人が
1人づつ時間差で入る程度なのでそこまで必要では無いとは思いますが。

また新しい生活が始まります。

時差ぼけ並みにズレてしまった生活習慣も
少し時計を戻さないと。

この新しい一歩が収束へ向かうものとなりますように。


スポンサーサイト