FC2ブログ
2019/04/30

災難日。

用事がこれでもか、って重なる日や
嫌な事や逆に良い事が重なる日ってありますよね。

今日は怪我や病気が重なった日でした

まず朝起きるとハッピーが…

お腹のあたりを怪我して出血してる!!

20190430062439fbf.jpeg

どうしてこうなったのか原因不明…
多分何かの拍子でいわゆる「オカメパニック」を起こして
どこかにひっかかってしまったのか?
まだ上手に飛べないので、着陸の時に何処かにぶつかった?!

よーく見ると向かって左肩が少しズレてるし…

急いでブリーダーさんに連絡をすると
鳥の場合、鳥専門医でなければ獣医さんはなるべく避けるべき、
餌もしっかり食べて元気なら様子を見て下さい、
状態が悪化する様ならうちに連れてきてください、と。
取り敢えず餌はめっちゃ食べてるし、元気なので様子見中です。
鳥は自然治癒力が高いというので、それを信じる

そしてアキ。
数日前から背中の部分を舐めてて赤くなっていたのですが
大体虫刺されで放っておけば治る事が多いので特に気にしてませんでした。
でも今朝舐めた跡で背中がベチョベチョに。
よく見ようと触ったら、大抵の痛みには耐えるアキがキャンキャン、と痛がって
それでも捕まえて見ると患部が禿げて真っ赤に!少し化膿もしてる…
普段巻いてる尻尾が乗っかっていて見えない部分でした。
こっちは放っておけないので獣医さんに夕方の予約を取り
私は取り敢えず仕事に。

そしてサービス中。

お客さんも多く、急いでパンを切っていた手が滑って
私のパンを支えていた方の人差し指にグサ!
そう、思いっきりグサです。
それもパン切り用のギザギザのめっちゃ切れる包丁で…
指半分が切れ目から平行にズレて肉が見えた時は
一瞬目眩がしました。(グロい話でゴメンナサイ)
急いでズレた指を固定。
血が止まらない。(でもここまでグッサリいくと案外痛くない)
お客さんは満席。
サービスは私一人…
左手をテーピングでぐるぐる巻きにして、夫がサービス中にお医者さんに連絡。
とにかくすぐ来てください、との事で最後3テーブルを夫に残して病院へ。
後半のサービス、殆ど覚えてない

幸い横からの切り傷で腱に触れる寸前だったので
縫い合わせればだいじょうぶでしょう、と。
麻酔なしでいきますよ、と激痛に耐えたものの
指の皮が薄すぎて縫い合わせると皮膚が破れてしまうらしい…
結局特別なテーピングで止血と傷口を固定することに。
(それならあの激痛に耐える必要なかったのに!)
因みに腱まで切れていた場合、6時間以内に適切な処置をしないと
手遅れになるそうです。

最低1週間はあまり動かさず、濡らさず触らない様にしていれば大丈夫ということ。
あいにく仕事が休めないので、とにかくサービ以外は
安静に動かさない様に気をつけるしかない。
でも、腱まで切れてなくて良かった。
時間が経つに連れてズキズキと痛みは増してる感じですが。

その間、夫はアキと獣医さんへ。

やはり虫刺されから悪化、化膿したようで
背中の一部を剃られ、お薬をもらってきました。

そしてとにかく舐めない様に
ザ、エリザベスカラー!笑

20190430062437c83.jpeg 「何なの、コレ…

特大サイズ!

特にお留守番や夜など1人の時に舐めてしまうので、
監視できるときやお散歩の時は外しても良いそうです。

という数年に一度あるかないかくらいの事故が3つ重なった1日でした。

これからはどんなに急いでいてもパンを切るのは慎重に気をつけます!
ペットの病気や怪我は予防と早期治療が大事!
禍を持って福となす?!

あとはいい事がたくさん重なります様に…


スポンサーサイト