FC2ブログ
2013/07/18

シラミに注意!

いつも書こうと思いながら後回しになっていたシラミの事。

なんか書いているだけでもかゆくなってきますが…


フランスの幼稚園、小学校に子どもが居る家庭では
お馴染みのシラミ。
そうなんです、フランスでは学校で伝染されるものの
代表の一つなのです。

学校からも良く
「シラミ到来!注意!!」
なんていうお知らせを連絡帳にもらって来ます。
※フランス語でシラミはpoux(プー)と言います。

私も最初はえーーーー!シラミ
うちの子は毎日髪の毛も洗ってるし
そんなの付くわけない!!なんて思っていたのですが
ある日息子と娘が頭を掻き掻き…
まさか!と思ってよおく見るとシラミの卵が
シラミ自体は移動が早くて肉眼では見にくいので
卵が見つかれば=シラミ生息と言う事になります。
そしてこの卵、髪をゴシゴシ洗ってもびくともせず
セメントのようなものでしっかり覆われてこびり付いているので
一つずつ爪で挟みながらしごき取っていくしかないのです。
最初は卒倒しそうなほど気持ち悪かったのですが
2度、3度…と繰り返すうちに慣れて来ました。
子どもの髪の毛の根元を一本一本凝視する姿は
まさに蚤取りをする猿の親子。


その後に専用の櫛とシャンプーでしっかり退治して
同じことを約1週間後にも繰り返します。
(取り除ききれなかった卵が孵化した場合を考えて)
IMG_2721_20130719060858.jpg
専用シャンプー。普通に薬局で購入出来ます。


それから完治するまで毎日パジャマと枕カバー
シーツを全部取り替えたりと、一度もらってくると
数日間は相当大変


フランス人はもともとあまり髪を洗わない人が多いのですが
結局は不潔にしている子どもが多い事、
それとシラミが発生し易い気候なのかな?とも思います。(根拠はないですが)
どちらにしても学校で貰ってくるのは確かな様です。

そしてシラミが付き易い頭、というのもあるらしく
どうもうちの娘は息子よりも貰ってくる回数が多い…
それもシラミは綺麗な頭を好んで移るようなので
清潔にしていても効果なし…


そんな中最近ママ友や薬局の人に聞いて試しているのが
ラベンダーのエッセンシャルオイル。
IMG_2723_20130719060857.jpg


週に何度かいつものシャンプーの中に数滴混ぜたり
学校に行く前に耳の後ろに一滴ずつ付けています。
これを始めてからここ数ヶ月はシラミが付いていないので
結構効果アリかも。
今では娘が髪の毛を洗う時には
「プー来ないようにね〜
なんて言いながら自分でオイルを滴して洗ってます。
ただ付けすぎると香りがキョーレツになるので注意!


と、ちょっとかゆ〜いお話でした



スポンサーサイト