FC2ブログ
2013/01/06

ドタバタ正月

お正月気分も全くないまま、2日より通常通り
営業が始まりました!

…がいきなり初日の朝から夫は嘔吐下痢


とにかく衛生面だけは気をつけてなんとか仕込みを済ませ
どうせクリスマス、大晦日のパーティーの後だから
お客さんも少ないかなあ、とまたまたのんびり構えていたら
次から次に予約の電話が…
結局満席以上で、サービスが終わるとしばらくの間動けず
裏で寝込んでしまった夫デシタ…


そして何とか片付けを終え学校で預かってもらっていた
子どもたちを迎えに行き、やっと休める~と家に入ろうと
鍵を回すと…

パリッ!


???



か、鍵が鍵穴の中で真っ二つに折れてるうううっっっ!



友人を呼んで何とかして中に入り込んでしまった鍵の半分を
取り出そうとしても全く動く気配なく…
こーなりゃ鍵穴をドリルでぶっ飛ばすしかない!
とドリルを抱えて駆けつけたフランスの父、クリスチャン登場!

ドリルで鍵穴の部分に穴を開け続けること約一時間。
それでも進んだ深さは鍵穴の半分くらい。びくともしない…
確かに鍵穴がそんなに簡単に穴空くようなら防犯にならないですよね…

時間は21時に近く、外は寒いし夫の体調も悪く
子ども達もいるので、一度引き上げてうちで泊まって行きなさい、
と勧められて急きょクリスチャンの家に一家でお泊りをすることになりました。

暖かい食事と本物の暖炉に子ども達はご機嫌
でも私たちは昼間の疲れが取れないまま朝を迎え…
だって着替えもなければ歯磨きもできず、
私は化粧もしないまま仕事に行かなくてはいけなかったのです〜
ノーメークでもいつもと変わんないよ〜なんて
なんだか複雑な周囲の声を耳にしましたが…
とりあえず鉛筆で眉毛だけは整えてみました。これは初体験!

そしてクリスチャンはというと私たちが仕事をしている間に
朝からひたすらドリルを回し続け、鍵の部分を取り外すのに成功し
自宅の倉庫から見つけてきた同じタイプの鍵穴をはめ込み
ノブを回してドアを開ける事に見事成功!

説明しにくいのですがこういった物が中に入っていて
穴を外しただけではドアは開かず、引っ掛けてブロックしている部分を
一緒に回さないと扉が開かないのです
1141052249.jpg


IMG_1456.jpg
この金色部分をドリルで削っていった事になります。

その後専門の人に連絡をして鍵の部分だけ取り付け直してもらい
めでたく家に入れるようになりました。
最初から専門の人を呼ばない所がなんともフランス人ですけど…

でも本当にありがとう!!

本当にご迷惑かけてゴメンナサイ!と謝ると
「いやあ、今年一番の珍客で面白い思い出が出来たよ〜、
最近お互い忙しくて一緒に食事をする機会も無かったし
 鍵の仕組みも分かって勉強になったしね、楽しかった!!」
と笑い飛ばしてくれました。

この心の広さ、いつも頭が上がりません


とにかく疲れた仕事初めでハードなスタートでしたが
明日からは子ども達の授業も始まるし
健康と鍵(!!)には気をつけて今年も頑張りたいと思います


スポンサーサイト