FC2ブログ
2012/03/18

文化週間 ~後半

文化週間、4日目はお料理教室でした!

お寿司を教えて欲しいということで、まずは魚のさばき方から。
ここの村には毎月一回大西洋でとれたての魚を持ってくる漁師さんがいるので
フランスでは珍しく新鮮で安い魚が手に入ります。
お寿司には新鮮な魚がないと話になりませんからね~

スズキと鯛。
DSC00150.jpg

DSC00153.jpg

定員10名のはずが何故か30人ほどの人が…?!
P1200761.jpg

完成
P1200768.jpg
まあ、みんな初めてなんでアバウトですが…
フランス人用に、鴨肉のお寿司も少し入れました。

開始18時半で終了したのが22時半!
(私は子どもが翌日学校なので21時頃帰りましたが)
でもとても好評だったようです


5日目。
学校の子ども達による展示会。
日本やアルザスの文化の紹介やお菓子を作ってくれていました。
P1200773.jpg
息子の学校の食堂。

P1200772.jpg
アルザスのスパイスのきいたクッキー。

そして〆の6日目。
アルザス料理の代表、シュークルート(ザワークラウト)の夕べ。
5~60人集まるかな~と見込んでいたら、なんと110人の出席者!
アルザスで仕事をしていたので作り慣れているとはいえ
私たちではとても出来る量ではないので、お友達のケータリングを通して
夫が一緒に作りました。
私もお手伝いとパーティーに出席する予定だったのですが
当日いきなり娘が発熱と嘔吐…
家中で吐きまくるので一日後始末に追われていました…
まさかガストロ(嘔吐下痢)
ここ二年ほど軽い風邪すらひいたことのない超元気印だったので
お薬を飲んだり熱を測ったり横になって休んだり…というのが
何だか嬉しい様子で、おくすりもっと~、おねつはかって~!とおねだりする娘。
娘も人並みに病気になるんだねー、と夫と妙に安心してしまいました。
でも今日に限って病気にならなくても~っ
折角だから最後まで参加してシュークルート、食べたかった…

…と思っていたら夫が残りを持って帰って来てくれました
P1200807.jpg アルザスワインと

アルザスの知人のお肉屋さんから全て材料を直送してもらいました。
コレ一品でお腹一杯!シュークルートの酸味とお肉のバランスが絶妙ですっ
満足、満腹

あっという間に過ぎた一週間でしたが、なかなか活力のある
行事になったと思います。
これをきっかけに新しく知り合いになった住民も沢山できたし
またこういった教室や行事をして欲しい、という要望も出ているとか。

今の日本の為に直接どうかなることではなかったけど
少しでも日本のことを伝えられて、日本のことを考えてくれる人が増えて
日本が元気になればいいな、と思います。

この企画を考えてくれた村の人たち、
そして参加、協力してくれた皆さん
有り難うございました!


スポンサーサイト