FC2ブログ
2012/03/07

ヴァカンス in Paris ~劇場編

パリ滞在日記、最終回でーす。

義弟はパリで映画の勉強をした後
現在は劇場で照明や音響の仕事をしています。

滞在中に2回招待してくれて見に行きましたが、
小さな劇場に子どもから大人までいつも人が一杯で
パリの人って本当に観劇が好きなんですね。

舞台装置からリハーサル、メイクアップなどの
裏方を全部見せてもらった息子。
伯父の血が騒いだのか、劇場にとても興味を示したのには
新しい発見でちょっと驚きでした。

P1200548.jpg

ヴァカンス中なので子ども用の劇も。
P1200551.jpg

一つの公演が終わっても帰りたくない!というので
息子だけ義弟の職場に残してきたほど。
一緒に照明をさせてもらったりしてずっと横で観ていたようです。

休憩中は道行く人に劇場のチラシを配ったりして
(サービス精神旺盛というかお調子者というか…)
劇場のスタッフからめっちゃ可愛がられていたので
パリ観光中も
「またトントン(おじさん)の劇場行きたい~!」
とずっと言ってました。

コメディアンや俳優さんと遊んでもらったり
一緒に飲みに行ったりもして(もちろん息子はジュースですよ!)
一番仲良くなった俳優さんの公演を生で観て
相当感銘を受けたようでした。
将来は喜劇俳優か?!

メトロに貼ってあるポスターにその俳優さんや
義弟の名前を見つけてまたもや宣伝。
P1200634.jpg

そしてそんな義弟の彼女はなんと女優の卵さん!
息子は美人のお姉さんに手をつないでもらったりして
超ご機嫌でした まったく…

普通の人でさえコメディアンのようにしゃべるフランス人ですが
本場のコメディアンや俳優さんたちは格段に面白すぎます!
息子だけでなく私にとっても刺激になった滞在でした。

しかし観劇やパリの友達と会ったりしてるうちに
あっという間に時間が経ち、楽しみにしていたディナーは行けず…
結局今年はパリ旅行を記念にすることにしました。

そして1人パピーとマミーの家に残された娘といえば
親の心配はよそに、美容院に連れて行ってもらったり
(全く動かずシャンプーまでしてもらったとか!想像通りオカッパでしたが…)
お洋服やオモチャを買ってもらったりして
よく食べ、よく寝、絶好調だったようです。
今まで息子を含め、男の子しか育てたことのなかった義両親なので
女の子はやっぱり違う!もっと置いて行って~
と2人ともメロメロでした。
相変わらず頼もしい娘ですが、娘なりに我慢していた部分もあったはず。
おりこうにお留守番しててくれてありがとね!

もう少し大きくなったら一緒にパリに行こうね。


スポンサーサイト