FC2ブログ
2011/12/17

もぉっ!

今日から学校もクリスマスヴァカンスが始まりました。
しかし一昨日の夜から嵐だったりでお天気は最悪です…

出だし好調!ということで久しぶりにフランス人へのブチ切れネタ。

フランスに来たばかりの頃ははしょっちゅうでしたが、
最近ではフレンチモードにすっかり慣れてしまったのか
そこまで腹を立てることもなかったのですが…

我が家、ここ一週間まともにシャワー浴びれてません

何故って… そりゃあ、決まってます、

修理に来ないからあああ

フランスにお住まいの皆さんにはお分かりですね、この状況。

まずはラジエーターの水漏れ。
これは半年以上前から修理を頼んでいるのですが未だ来ず
とうとう毎日水溜まりができるほど漏れだし、給湯器の調子もおかしくなって来たので
大家さんをとおして修理の予約を取ってもらいました。
しかしここで決められた日時に修理に来るかどうかの確率は半々…
で、想像通り見事すっぽかされました。
そして翌日電話をすると「ああ、忘れてた」…
…そうですね、そりゃあ忘れてちゃあ来れないですよねえ。ごもっとも。
そしてその晩来ると言ったものの、結局その晩も来ず…
大家に抗議の連絡をすると、むこうからまた連絡を取ってみるから、ということ。
で、またその翌日前触れもなくいきなり呼び鈴もならさず
ずかずかと土足で上がり込んでくる始末。もうあきれて言葉もありません…
こんな時、すっぽかしたことを誤りもせず何もなかったようにするフランス人。
そして一応修理は終わったと思ったら(今の所水漏れは解消)
今度は給湯器からものすごい音がしだして、お湯もすぐに冷たくなったりで
ゆっくりシャワーも浴びれない状況に…
暖房もガスで一つの給湯器からのお湯で暖まるので
暖房を付けても音がするし、つけっぱなしにしておけません。
今度はガス会社のほうに電話をすると、一応すぐに来てくれたのですが
原因が分からず、屋根の上に登って見ないとわからないということ。
じゃあ上に登ってみて下さい、と言うと
「一人では出来ないから2人でまた来る」と言い残し
今日中に来て下さいよ!という私の言葉も虚しく無視され
そのままその日は戻って来ず…帰った時点で半分諦めてましたけどね…
そしてまた翌日(つまり昨日)、何事もなかったように2人で来て
とりあえずひととおりチェックしてから
「こりゃやっぱり登らないとわからないけど、今日は天気が悪いから
 また天気がよいときに…」
と帰ろうとするので(確かに昨日は嵐でしたが)
「そんなこと言ってまた何日待つんですか?!
 こっちは子どももいるというのに1週間まともにシャワーも浴びれてないし
 暖房だって点けられないんですよ!」
とこっちも引き下がらないでいると
「とにかく天気が良くなったら来ますから大丈夫。
 ではBonne Fete!(良いクリスマスのお祝いを)」

えっ…?!今なんておっしゃいました?

そう、彼らの頭の中はもうクリスマスヴァカンス
ってことはヴァカンス後に来るおつもり???

「冗談じゃないですよ、サンタクロースよりも前には来てもらわないと困りますよっ」

と思いっきり皮肉たっぷりに言っておきましたが
果たして本気で聞いたのか…

そんなわけでもちろん週末には来るはずもなく
来週明けには来ることを願ってますが…

もちろんこんな人ばかりではないのでしょうが(中にはすばらしい職人さんもいるのです)
これで「職業」として成り立つのがスゴイ。怒りを超して脱帽です。

とにかく暖かい部屋と熱いシャワーをゆっくり浴びさせて~!

スポンサーサイト