FC2ブログ
2011/11/17

TINTIN

TINTIN(タンタン)と言えばフランス人では知らない人はいないほど
有名なベルギー生まれの漫画。フランス語圏なので原作はフランス語ですが
世界中に翻訳されてベストセラーとなっています。

 tintin
日本でもこのキャラクターは知っている人も多いはず。

私もキャラクターだけ知っていて漫画を読んだことはなかったのですが
(夫の実家にはまるでバイブルのように全巻きれいに並んでいたっけ)
これが映画化されると聞いて先日夫と息子3人で見に行ってきました。

まず私が魅かれたのはタンタンよりも、スピルバーグ監督、ピーター・ジャクソン製作
という豪華な製作陣。
しかしっ 映画館から出た私はすっかりタンタンの世界に魅了されてしまいました
もちろん映画自体が良くできていたせいもあるのでしょうが。
それも初めての3D映画だったので、最初は3人とも慣れなくてメガネをつけたり
はずしたりしながら見ていたのですが、後半は息子もすっかり映画の世界にはまって
メガネをつけたまま体を乗り出して最後まで夢中で見ていました。

実は今までタンタンって犬連れのかわいい男の子が主人公の優しい話と
勝手に思い込んでいたのですが、全然違う!
彼はルポライターで毎回事件を解決していくというスリリングな展開。
日本でも「タンタンの冒険」というタイトルで12月から公開されるようです。
オススメです!

そんななかタイミングよく近くのスーパーで買い物をすると
タンタンのミニチュアがもらえるというイベントが始まって
息子の欲しい~!という熱願と消費者の心理をつく戦略に負けてついにゲット!
IMG_0806_convert_20111118001727.jpg

しかし原作のフランス語版では犬の名前が「ミル」というのですが
なんで英語や更に日本語版でまで「スノーウィー」になっているのか疑問…
ミルの方が可愛いし呼び易いでしょうに…
日本の漫画のタイトルや登場人物の名前を思いっきり代えるフランスも
許せない部分がありますが、ミルが何故スノーウィーになるのか…
(フランスで「キャプテン翼」が「オリーヴ&トム」になっていたのにも仰天したけど)

日本でも漫画やDVD全巻あるようなので子ども達のためにも
日本語版をコレクションしてみたいな~。

スポンサーサイト