FC2ブログ
2011/11/30

いよいよ師走

早いもので明日から12月。
2011年も何だかあっという間に駆け抜けて行きそうです…

街も家もクリスマスのイルミネーションが始まり
そう、子どもたちの待ちに待ったクリスマスがやってきます
更に我が家の12月は夫から始まり親戚、息子、姉、母…と毎週のように誕生日が続き
年が明けると早速義母、娘、義弟…と誕生日のオンパレード

そんな中、息子がクリスマスの飾りだして~!とうるさいので
ツリーの飾りを出してしまった手前、ツリーが無いわけにはいかず買ってきました、
クリスマスツリー

こちらではサパンというのですが、子供とは日本語を徹底していても
なんか「クリスマスツリー」より「サパン」の方がしっくりくるので
そう呼んでいます。まあクリスマスツリー自体日本語じゃないですけどね…

我が家は毎年本物で、というこだわりはあるのですが
この時期売り場で切られて並ぶ木を前にいつも疑問に思っていたこと。

「毎年何万本というもみの木たちが
 クリスマスの飾りのためだけに切られていくのか?」

そしてお役目が済んだら何に利用されることなく捨てられていく木も
多いはず…
我が家ではここ2年は知人の森の中からもみの木というより
松に近い木を切ってきてもらっていたのですが、それだって結局
お金を払わないというだけでやっていることは同じ。全然ECOじゃないゾ!

そして考えた結果、今年は鉢植えのもみの木を購入。
これならシーズン以外は捨てなくても外に出して育てておけるし
毎年少しずつ大きくなっていくのも楽しみです
P1180089_convert_20111201065626.jpg
ちょうど息子の背丈と同じくらい。
            P1180100_convert_20111201070741.jpg
              一緒に飾って…
P1180116_convert_20111201063719.jpg P1180095_convert_20111201225442.jpg
出来上がり~            ↑ これはキノコフリークの夫が追加購入。

てっぺんの星が今まで気に入ったのが見つからなかったのだけど
サパンを買いにいったところで飾ってあるのを見つけて
無理矢理はしごに上って取ってもらい売ってもらいました

その後、うっとりとサパンを見つめながら昼食をとっていた息子

いきなり「と、と、とれたああーーー
と叫ぶので何事かと思ったら下の前歯が一本抜けておりました
昨日グラグラしてきたと言ってたばかりだったのに。

米粒ほどの小さな歯を見て
これが赤ちゃんの時に「初めて歯が生えて来た~!」って皆で喜んだ
最初の歯だったんだな~っと思い出して感極まるものがありました。
そしてこれから一本ずつずっとつきあっていく大人の歯に生え変わっていくんだなあ。
しかし食事と一緒に飲み込まなくて良かった…

というのもフランスでは歯が抜けたら枕の下にその歯を置いて寝ると
ネズミが来て代わりにコイン(プレゼントという人も)を置いていってくれる
という習わしがあるのです。
その歯を入れて記念に置いておく箱なんかも売っています。
日本は屋根に投げたりして終わってたような。
歯の記念ってへその緒残すような感じかな?(これは夫が相当気持ち悪がっていた…)

早速すでに頂いていた箱に入れました。
P1180099_convert_20111201071127.jpg

そして夜…
さあ、枕の下に引いて寝るよ~!と言うと、何だか神妙な面持ちの息子

訳を聞くと「寝ているときにネズミが枕にくるなんてイヤ
とのこと…

う~ん、言われてみれば確かに…
そおですけどね、普通に考えたら…ごもっともで…

どおりでこの話をするたびに普通子どもは喜ぶはずなのに
何だか息子の様子がおかしいと思ったんです。

代わりにパパの枕の下に入れといて、ということに。
パパのとこからボクのベットに上がってこない?と最後まで不安そうでしたが
今日は午前中プールで、それからサパンに初めての歯抜け、
そのあとお友達のお家に遊びに行ったりして
いつもは元気すぎるほどの息子がパタッと倒れるように寝てしまいました

まだまだ小さな子どもと思っていた息子ですが、もうすぐ6歳。
こうやって少年になり、少しずつ大人になっていくのですね。

サパンとどっちが早く大きくなるかな?

スポンサーサイト