FC2ブログ
2011/07/15

小さな訪問者

3日前から我が家に来ている小さなお客さん。

IMG_0362_1_1.jpg
                 「こんにちは

数日前から家の前でずっとにゃーにゃー鳴いていて
でも、すごく怯えていて人が近づくと一目散に逃げてしまっていた子猫。
ずっと食べていなかったようでガリガリに痩せていました。
多分生後2,3ヶ月くらいでしょう。

声が聞こえると気になって時々覗いていたのですが
とにかく全てのものを怖がっていて動かず一人で鳴いているのです。
夫の推測だとヴァカンス中面倒を見切れなくなった飼い主が
捨てていったんだろう、と…
確かに生まれつき野良というわけではなく
急に放り出された世界に怯えている感じでした。

でもこのままだったら飢え死にしてしまう。
飼う気はないけれど、子猫たりとも飢え死にを目の前で見過ごすことはできません。
エビつり用のドッグフードと牛乳を家の外に置いておき
翌日見てみると気づかないうちにきれいに食べていました。

それからというものココは安全、と思ったのか
うちの小さな庭で寝て過ごすようになり
最近では人が出てくると寄ってくるまでになりました。
まだ擦り寄ったり触らせてはくれませんが…

IMG_0366_1.jpg
すごい食欲で2日で普通の体型に戻りました。

IMG_0354_1_1.jpg
紐とじゃれたり、やっと猫らしい習性も…

でも以前夫とフランスで仕事をしていたときに猫を飼っていたり
私も小さいときから実家で動物を飼っていたので、大好きな分
動物を飼う大変さもわかっていて、もう少し子どもが大きくなって
落ち着くまでは動物は飼わない、と決めていたので今は距離を置いて付き合っています。
ちなみにフランスで飼っていたネコは日本に戻ったときに一緒に連れて帰ったのですが
(マイクロチップを入れたり2週間の検疫があったり大変だった…)
今までマンションから出たことがなかった家ネコだったのに
私の実家の自由さに味を占めてそのまま日本に居ついてしまいました

名前は付けずに娘が呼ぶように「ネコちゃん」と呼び
(しかしこれを名前と思い込んだのか、ネコちゃん、と呼ぶとにゃーと返事をする)
庭でゴロゴロするのは勝手だけど、家の中には絶対入らないでね、と決め
お腹が空いてたらうちにあるものでよければ一緒にどうぞ、
という感じで過ごしています。バーベキューの下を寝床にしているようです。

もし、私たちを飼い主、と思い込んでしまうことを考えると
あそこで飢え死にさせてまででも見過ごしたほうが良かったのか
わかりませんが、同じ命を見捨てるわけにはいきませんでした。
元気になってまた旅にでるのもよし、お好きにどうぞ、ネコちゃん。

ちなみに昨日7月14日は革命記念日だったので
あちこちで花火が上がりました。
IMG_0373_1.jpg
いつものエビつりの釣り小屋から対岸の街の花火がキレイに見えました。
                   IMG_0375_1.jpg
暗くなるのを待っての引火だったので、始まったのは23時過ぎ。
娘は私が教えた「た~まや~」を叫びながら寝てしまいました


スポンサーサイト