FC2ブログ
2011/05/12

只今修理中…

日本人にもフランス人にも大好評だった鯉のぼり

送ってくれた親戚の話によると
もともとの持ち主は息子さんが2人いたのですが
孫は女の子だけで使う機会がなく
約40年間出されていなかったものらしい。

長い眠りから覚めたせいか(?!)本当に気持ちよさそうに
ピッチピチにイキが良かった鯉のぼり一家
P1150796_1.jpg

風の強い日が多くて
あまりの元気よさにちょっと心配ではあったのですが…

案の定、
金具が取れてお兄ちゃん鯉が脱走したり…(まさに我が家のよう
P1150698_1_1.jpg

吹流しが絡まったり…
P1150801_1.jpg

そして先日、夜中にとても風が強かった翌日
嫌~な予感がしつつ覗きに行ってみると…

今度はお母さん鯉がいない~

そして周りを見渡すと
広いブドウ畑の真ん中で虚しくぐて~んと横たわるお母さんが…

今度は口輪の部分の布が裂けてしまったらしい。

こどもの日も終わったので、お雛様同様しつけの意味も込めて
今回は一度片付けて、強風対策をしつつ修理をすることになりました。
大きくて錘も付いているので遠くに飛んでいく心配はないのだけど
(この大きさの鯉が空を飛んでいたら住民大パニックか?!
せっかく頂いたものだから大事にしないといけません。

友人や夫、息子からはなんでもう片付けるの~?!
ブーイングはありましたがこれが節句というものなのです。

後ろで
「じゃあ、今度は夏とマラソンの時に出そう!」
とヒソヒソ相談している夫と友人
(※「マラソン」とは毎年9月恒例の酒飲み仮装大会…
  いやいや、世界的有名な「メドックマラソンのこと)
人の話、全く聞いちゃあいません

でもとっても楽しませてもらいました!

ではまた次回まで(本気で夏にまた出すつもりの夫たち)。
A Bientot!

スポンサーサイト