FC2ブログ
2011/01/24

今日の献立

子供たち同様に1年半ぶりの日本を満喫してきた夫。
温泉にも一番多く入ってたし…

そして今回の滞在で一番はまっていたのが何故か

ゴボウ

かき揚げ、がめ煮、
そしてヒットは「きんぴら」。

父の畑で沢山採れていたので作り方を母に習っていました。

しかしフランス人は腸が短いせいか(日本人の半分という説は本当?!)
玉ねぎや繊維の多い野菜を食べれないと言う人が多い。
実際夫も玉ねぎは食べないし(嫌いと言うわけではない)
キャベツとか少しでも多く野菜を食べるとお腹をこわしてしまう…
ゴボウなんて食物繊維の多い野菜の代名詞のようなもの。

大丈夫???
と心配する私を気にも留めず美味しい美味しいと
主食のようにガサガサと食べていた夫…

結果いうまでもなく一日おならがでっぱなしで
大変だったらしい
だから食べ過ぎだってば

そして今朝息子と朝市に出かけて行き
「ゴボーあったよ!」
と買ってきた夫。

早速おばあちゃんに教えてもらったようにきんぴらを
作るフランス人。なんか不思議な光景?!

で、できました。
P1110696_1_1.jpg
ごま油が欠けてたけど、結構美味!ちゃんと日本の味になってます。

サルシフィと呼ばれる西洋ゴボウで
レストランで何度か扱ったことはあったけど
一般家庭ではほとんど使われない野菜。
日本のゴボウに比べて癖がなくて食感も柔らかいので
私にはやや物足りなかったけどフランス人には逆に食べやすいかも?

そしてまた大量に食べる…

その後の彼の様子はご想像にお任せします

デザートは「ガレット・デ・ロワ」。
P1110706_1.jpg

フランスの伝統でパイ生地にアーモンドクリームが挟んであって
その中にフェーヴと呼ばれる小さな陶器の置物がひとつ入っていて
それにあたった人がその日は王様又は王女様になれる。
通常は1月の年明けに食べるのだけど、日本にいたので
もう今年は遅いから家で作るか、と言っていたら村のパン屋さんが
まだ作っていたのでラッキーと横着しました。
今のところ毎年王様は息子だけど(もちろんそうなるように仕掛けてるので)
そろそろ娘も王女様になりたがるかな?!

そして食後に息子の一言…

「あ~イクラ食べたいなぁ

イクラ中毒早く治ってね~
スポンサーサイト