FC2ブログ
2011/01/28

自転車 特訓中

自転車の補助輪がなかなか取れない息子。

結構怖がりな上に、家の周りはブドウ畑ばかりで
道路はガタガタなので転びやすいので取りたがらない。
しかし補助輪が付いてると転ばないが
補助輪が小石等に挟まって空回りしてもっとこぎにくかったりする。

まあもう少し待って小学校入るまでに補助輪無しで
乗れればいいか、とのんびり構えていたのだが…

なんと3月に幼稚園でサイクリングで課外授業があるとか!

そしてここはシビアなフランス。

「補助輪無しで乗れない子は参加不可」

乗れない子はどうするんだ???
教室で待ってる?
それも可愛そうな気も…

もちろん自転車の授業なんてないし
「乗れないのは親の責任」なんです。

個人差あると思うんですけどね~

そんな訳で特訓に行きました。
広いサイクリングコースがある海辺まで車で約30分。

もともと諦めが早い息子は
「出来ないよ~、おうち帰る~
と最初から半べそ。夫が手を離すと怖がって転んでしまう。

誰も居ない海辺で寒い風が吹き抜ける中
「もういいよ、おうち帰ろ」
と言いたいのをぐっとこらえ
「ダメ、ダメ、乗れるようになるまで帰らないからね
と心を鬼にして巨人の星の明子姉さんのように見守る私

そして1時間経過… 
息子、完全にやる気ゼロです。

そこでパパの一言。

「一人で乗れるようになったらイクラをたらふく食べさせてやるゾ~!」

イ、イクラ…?!

一瞬で目を輝かせ、気を取り直す息子。
そんなにイクラ食べたいのか

P1110762_1_1.jpg
よしっ、もう一度チャレンジだ!

P1110763_1_1.jpg
「イクラ、イクラ…」

P1110765_1_1.jpg
お~乗れた

まさにイクラマジック

でもその直後に転んでまた大泣きだったので
今日は良くがんばった!ということで特訓終了。

もう一回くらい練習したら乗れるようになるかな。

しかし、イクラはフランスにもあるけど
塩漬けで小粒だし美味しいのにあたったことがない(もちろん日本のに比べて)。
北海道直産のイクラを1ヶ月間食べ続けていた
息子の口に合うものを探せるのか?!

責任とってよ~、パパ。