FC2ブログ
2010/10/26

Toussaint

先週末から始まったToussaint(トゥーサン)と
呼ばれるバカンス。
11月1日が聖人を祝う日とされていてそれに伴った休暇らしい。
日本でいうお盆に当たるのかな?「秋休み」といった感じ。

収穫の仕事で慌しかったので、漠然と次の週くらいからかな~
なんて思っていたら、幼稚園もバカンス突入
その期間、息子を夫の実家に預ける約束をしていたので
急遽金曜の仕事の後に夜中車を飛ばし、約500Km離れたところにある
パピーとマミーの家に行ってきました

週末は久しぶりに皆で過ごし、息子を置いて帰ってきて
今、家で一番寂しがっているのは娘
最初の日はお兄ちゃんの名前を叫び続け
返事がないと
「あれ~」と首をかしげていた。
夜中まで寝言で呼んでたし…
いつもは泣かされたりしても、お兄ちゃん大好きだもんね

前回預けたとき(4月)はまだ小さくて離れているのが
良くわからなかったみたいだったけど
今回はなんでお兄ちゃん居ないの~?と思っているらしい。
息子のほうはといえば一人で別の部屋で寝られて
いろいろ買ってもらったりして相当楽しそうである

フランスではバカンスが多い分、そのときは
おじいちゃん、おばあちゃんの出番!というのが一般的なので
こちらも遠慮なく預けられるし、向こうにとっても
親の目を気にせずに孫と接することができる。

私が見たところ、フランスではいくら孫であっても
親(つまり自分の子供)が一緒に居るときは
親の方針に任せて口を挟まないようにしている風にみえる。
その代わり孫を自分に預けられた時は、自分の子のように接し
時には厳しく叱ったりする。

でも全ての家族がこのような状況に当たるわけではないから
離れているとはいえ、預かってもらえるのは恵まれているほうだろう。
私の場合は日本のおじいちゃんおばあちゃん(私の両親)の所に
なかなか行けないのが残念だけど。

子供にとっても違う環境で祖父母に甘えられて
祖父母にとっても1~2週間ならちょうどいいくらいに
孫の面倒を見れて
親にとっては子供から少し離れて息抜きが出来、
フランス人がよく言うように

「みんなにとって良い対策

かもしれない。

スポンサーサイト