FC2ブログ
2010/10/10

延長保育

ブドウの収穫期を迎え、保育ママデビューをした娘だが
息子にとっても初体験となったのが
幼稚園の延長保育と水曜日のcentre aere(サントル・アエレ)。
日本の学童保育のようなものだが、両方幼稚園とは別の組織から
なっていて、延長保育はPeriscolaire(ペリスコレール、略してペリスコ)
又は単にGarderie(ギャルドリー)と呼ばれ
幼稚園が始まるまでの早朝と給食も含めた昼休み、
そして放課後を別の人が来て担当する。

サントル・アエレの方は学校が休みの毎週水曜日とバカンス期間に
いろんな催しや時々バスで外出したりして
7時半から18時45分までの間、昼食、おやつ付きで
1日9.5ユーロ(約1100円)で預かってくれる。
ちなみにペリスコは月に4回以上なら何度預けても
月14ユーロ(約1500円)。

最初は両方とも行きたくない~!と言っていた息子
美味しいワインを造る為に、皆一生懸命お仕事してるんだよ!
と納得させている。
でも実際行ってみると、幼稚園のようにお勉強の時間もないし
好きに遊べておやつまで出るので、結構楽しんでいるらしい。
先週の水曜日は、お菓子を作ったりバスでスペクタクルを見に行ったりしたようだ。

この近辺のブドウの収穫は今週いっぱいで終わるところが多く
(もちろん畑の規模にもよるが)、私も今週の金曜か土曜に
今回のバイトはいったん終了予定。

娘は相変わらずヌヌーさんの家で自宅にいるよりも
おりこうに楽しく、全く問題なく過ごしているらしい。
今朝は初めて私が送り届けに行くことになり(いつもはパパ)
バーバパパのカバンに準備していると
娘は「いこ、いこ~!」と行く気満々
ヌヌーさんを見るなり抱きついて行き、私の方を振り向きもしないし…
別れ際に泣き付かれるかな?なんて余計な心配デシタ。
これからも時々はお互いのためにも預けようかな。

とにかく親が心配するより、
子供は逞しいものかもしれない。
スポンサーサイト