FC2ブログ
2010/07/22

フランス オムツ事情

オムツを買いに行った。

オムツ売り場でいつも買っているテープ式と
パンツタイプを前に一瞬迷い、やっぱりまたテープ式を買ってしまった。

娘はもうすぐ1歳半。
日本ならもちろん「パンツタイプ」のオムツの時期である。
娘自身も日本で産まれ、動きが激しかった為
6ヶ月目にはパンツタイプを早くもはかせていた。

で、何故またテープ式に戻っているのか?!

答えは
オムツが高いから。

日本でもお馴染みのP…なんて日本の2倍近く高いうえに
質はそれほど良くない。
安い(といっても日本より高い)他のメーカーのオムツを
いくつか試してみたが、ガサガサの紙だったり
カバーの部分がまさに「ビニール」だったりして
はいていると擦れて赤くなる度に
「ごめんね~」と娘に謝っていた…
その上パンツタイプになると更に値が張るのだ。
なので、貧乏性の私は
「別にテープ式でもなんの支障もないから、ま、いっか」
と思ってしまう。

動きの激しい娘も、オムツ替えのとき毎回
「じっとして~
と押し付けられていたので、今ではじっと寝転んで
待つようになった。
しつければ何とかなるものである。
そういえばフランス人の友人の子供は2歳になるが
その子のオムツも未だテープ式だった。
パンツ式のオムツを見て、「こんなのがあるのね~」
と驚いているおばさんもいた(結構若かったが)。
あんまり普及していないのかな?!

日本のオムツのあのサラサラでやわらかく
頬擦りしたくなるような質の良さで
あの値段は表彰モノである。

まあ、オムツの質が悪くて高い方が
子供にとっても親にとっても
オムツ離れが早くなるのかも…?
スポンサーサイト