FC2ブログ
2010/07/08

七夕

昨日は七夕。

ということで先日届いた日本からの荷物に入っていた
七夕飾りを息子と作りました!

P1070552_1_1.jpg

そして案の定

「何故、笹の葉で七夕を祀るのか?」

という「フランス人の素朴な疑問」にお答えすべく
調べてみました。

織姫と彦星の話は周知の通り。
これは織姫を表す琴座の「ベガ」と彦星(牽牛)を表す鷲座の「アルタイル」
という二つの星が、年に一度七月七日の夜に近づくところから
中国でこの伝説が生まれたとのこと。

何故「タナバタ」と言うのか?

日本では古来、正月と七月の満月になる十五日は
祖先の霊を迎える祀(まつり)の日で、七月七日(ナヌカビ)は
お盆の祀りの準備に入る斎日(いわいび)であった。
七月七日頃はちょうど稲の開花期で水害や病害虫が心配される
時期でもあったことから、稲の収穫の無事を祈ろうと
水辺に設けられた棚の上の機家(はたや)の「棚機」(たなばた)で
選ばれた乙女たちが先祖に捧げる御衣(みころも)を織り上げ
この乙女たちを「棚機女」、「織女」と書き、
″タナバタツメ″と読んだことから由来する。

で、どうして笹の葉にお願いをするのか?

笹は天にまっすぐ伸び、そこにご先祖様が
降りてくるという説。
そして昔から邪気を祓う役目があると考えられていた。
また、田んぼなどで稲の成長を遮る虫を避けるのに用いたことから
七夕に発展したという説もある。

そこに短冊や物を飾って芸事や書道の上達を
祈る様な習慣が江戸時代から始まったらしい。
6日の夜から7日の朝まで祀って、その後はすぐに
川に流していたとか。

ちなみに息子のお願い。

「ポケモンたくさんもらえますように…」

まったく、風情ないなぁ…
スポンサーサイト