FC2ブログ
2010/03/02

予防接種

今日は娘の予防接種の日。

以前も書いたように、フランスは日本の倍近くの予防接種を
推奨されているので、渡仏後は毎月彼女の立派な太ももに
2本ずつ注射を打たれている。
今日が終われば後一回でやっと他の子に追いつくことになる。

今までの予防接種、下痢、歯の話でもあったように
医者に行く時が一番カルチャーショックを受ける。
驚きから怒り…そして最近はもう諦めモードに入り
さて、今度はどんなことをされるか?!
と楽しみにすらなってきた。
ネタをもらいに行くようなものである。

そして予約の時間。
通常なら12時から15時までは休診なのに
12時の予約だった。
ドクターは先週まで2週間のバカンスで
今週からは隣の先生がバカンスに入るらしく
その分を彼が一緒に見ているので休み時間返上で
開けているらしい。
しっかり休みを取っていた彼はいつも以上に元気だ。
何故か小さい紙袋を大事に小脇に抱えている。
この紙袋、どこかで見たような…?

「私の可愛いお人形ちゃん
といつものように診察もなく
いきなり娘の太ももに2本注射!
その間その紙袋は常に彼と一緒だ。

その後母子手帳に記入などをしながら
ガサガサとその紙袋を開けだした。

やっぱり!
中から出てきたのは隣のパン屋さんで売っている
特大クロックムッシュー!
おいしそうにむしゃむしゃと食べながら
来月に受けるワクチンの処方箋を書いている。
もう、なんでもアリだ

そして診察の度毎回私に聞くセリフ。
「日本人はくらげを食べるってホント?どんな味?」
とクロックムッシューをほおばりながら聞いてきた。

「味はあまりないけどコリコリしてますよ」
毎回こう答えている。
彼は人の話を聞いているのだろうか?

私達が料理人であることを知っているので
「この辺で日本食レストランしたら儲かるよ!
出前スシなんて良いね~!診察しながらパクっと食べれるもんね」

「そうですね~、診察しながら食べるのに
ちょうどいいですね…」
と答えてしまう私…
そして別れ際に
「ボナペティ(良い食事を)」と言って診察室を出た。

「メルシー!」
クロックムッシューをくわえながらドアを開けて
満面の笑みで見送ってくれた。

このドクター、なんか憎めないんだけど
とにかく娘が元気で育ってくれることを祈るばかりである。
スポンサーサイト