FC2ブログ
2016/03/21

リフォーム 庭編

引っ越して最初の年は頑張ってあれこれリフォームをしましたが
ここ1年以上仕事がどんどん忙しくなり
ほとんど手が着いていない状態でした
今月中旬からは一旦落ち着くので今しかない!ということで
ずーっと気になっていた家の周りを施行決定

以前はもう、雨の日が続くとべちょべちょになって
歩くのも大変な状態でした…

おそらくこの家が建てられた30年前は綺麗に砂利がひいてあったと
思うのですが、それがほとんど土に埋まってしまい
雑草も抜いても抜いても生えてきて手に負えなかったので
お店の常連さんでもあるプロの人に(土地を整備する仕事って
なんて言うのでしょう?土木?)お願いしました。

まずはBefore & After

玄関前
IMG_0035.jpg
↓ スッキリ
IMG_5542.jpg


家の横通路
IMG_0037.jpg

IMG_5522.jpg


門までの通路
IMG_0039.jpg
↓ 水たまりだらけでした!
IMG_5544.jpg


裏のガレージ前も。
IMG_5527.jpg

ガレージの後ろのスペースで家庭菜園が出来る様に
ついでに耕してもらいました。
IMG_5526.jpg

アキも気持ち良さそう!
IMG_5520.jpg

一気に外見が綺麗になった感じです

ただ、面積が広かったので思ったよりも大変な工事でした
計4日間、庭にパワーショベルやトラックが。
夜はそのまま置きっぱなしにしてあったので、これ、息子が
小さい時だったら喜んでただろうな〜なんて思ったり。
IMG_5482.jpg

砂利をひけば良いというだけではなくて、まずは
すべての表面を同じ高さに削って整えます。

IMG_5510.jpg
アキは怖がるどころか工事のおじさん達と
遊びたくてまとわりついて邪魔なので小屋の中へ。

一体何トンの砂利だったんだろう…?
IMG_5511_20160321054850249.jpg

更にアキが居るので家を出る時は門を開け閉めしないといけないのですが
(以前は開けっ放しでも良かったケド)毎回、車で門まで行って
一旦降りて、門を開けて、車に乗って車をを出し、また降りて門を閉め、
また車に乗る…という作業がひじょーに面倒なので、自動開閉出来る様に
ついでに門までの電気を引いてもらいました。
これも地下を掘って配管と電線を通すという大きな工事だったようです。


犬舎周りに水が溜まっていたので、水はけが良くなる様に
配管と砂利を敷いてもらいました。
IMG_5528.jpg

以前の犬舎の金網は幅も広くて噛みちぎられそうに細かったので
しっかりした柵で補強。
まあここに1日中閉じ込められている訳ではないので
脱走することはないと思いますが…

IMG_5494.jpg
火傷の跡もほとんど目立たなくなりました。
あんなに酷かったのに…若さってスバラシイ!

最近はお天気も良く、春を感じるようになりました。
でも今年の冬は暖冬でお天気も悪かったので
何だか物足りない感じでもありますが…
温暖化の影響でしょうか?それはそれで心配です。
そして恐怖の花粉症の季節
サービス中に症状が酷くなるともう最悪…

でもやっぱり木々が芽生えるこの時期はワクワクします

さて、今年はリフォーム何処まで進むやら…
(もう1年の4分の1が終わろうとしている

スポンサーサイト



2015/02/18

リフォーム初め♪

学校の2週間の冬休みが始まり
(年末年始は冬休みではなくクリスマスヴァカンス…)
子ども達は義両親の家でお世話になっています。
あ〜、静かだ 朝晩が平和すぎる〜
特に先週は日本食の夕べの準備、当日は朝から休憩もなく夜中まで仕事、
それに続く週末は子ども達を迎えに来てくれた
義父と一緒に丸二日間床の張り替えやリフォームの続きで
全く疲れがとれないまま今週に突入したのでここで一息入れています。

さて床の張り替えですが、場所が台所なのでキッチンを全部
取り外さないといけないという大掛かりな作業に
その上数ヶ月前に買ったフローリングなのに同じものがもう製造中止になっていて
一番近いものを用意したのですが、つなぎ目のシステムや
サイズが微妙に違っていたりしてその調節も大変でした。(義父が)
IMG_3350.jpg
さすが職人!


夫と義父があれやこれやとしている間に
私はずっと気になっていたキッチンのドアと窓の木枠の取り付けと
ペンキ塗りに勤しみました。
私って結構ペンキ塗り&ニス塗り作業好きみたいです。
やり出したらあそこもここも塗り直したい〜とか思ってしまう。

ペンキが塗り易い様に格子になっていた部分を外してみると
こんなにスッキリ!
before ↓
IMG_2697_20150219070141d9e.jpg

after ↓
IMG_3356.jpg

掃除もし易いのでこのまま取ってしまいました。

以前友達がしてくれたリフォームですが
どうしても気になっていた部分がココ↓
IMG_2706.jpg

台が端まで届いてないし、うしろの壁は取れてるし…
何故なんだ??!!
この際なので気になっていた部分も全部やり直してしまいました。
(新しく板を買い替えてニスとヤスリで仕上げという二度手間になったけど…)
after ↓
IMG_3344.jpg
なんだ、結局自分たちで出来たじゃん
まあ、何事も経験です。

そしてキッチンも何とか納得いく感じに
…と思ったら今度は台所の横にあるリビングの壁が〜!
IMG_3321.jpg
IMG_3327.jpg

家具の後ろで気づかなかったのですが
浸水した時に壁まで伝っていたようで
壁と壁紙がカビてボロボロの状態に…

今度は壁をやり直し…

どちらにしてもこの部分の壁はリフォームする予定だったので
いい機会、と半ば無理矢理なポジティブ思考

いつリフォームは終わることやら…

2014/12/12

リフォーム納め

あ!!
ッという間に12月も半ば。
子ども達は来週末からヴァカンスだし、
仕事の方も忘年会を兼ねた予約で既に一杯になってきてるし
更にスピードを増して2015年に突入しそうです
ちなみにお店は12月24日〜1月4日までお休みを頂きます

さて、リフォームの方はキリが無いので今年は一段落させて
来年からまたボチボチやっていくことにしました。

キッチンが実は思ったより時間がかかった
ぶち壊して新しいのを入れれば早かったのですが
せっかくしっかりした木を使ったものなので
それを使ったままリフォームする事になり
実際ふたを開けてみると古いだけに想定外のいろんな問題続出!
その度にあーだこーだとやってるうちに約一ヶ月…


最初はこんな状態から…
IMG_2417.jpg

こうなって…
IMG_2486_20141212045748089.jpg


出来上がり!…?!
IMG_2694_20141212045533427.jpg

なんだか違和感が… 分かりますか?

基の樫の木の扉をヤスリで削ってからUSED感を出す
ペンキを塗る事にしたのですが上と下の色の感じが全然違う〜
(流しが飛び出ているのはそういうデザインです。from IKEA)

この1ヶ月間、ほとんど友達が朝から入ってやってくれてたのですが
後半は何だかうんざりして来たのが見え見え…
最後のペンキ塗りの時点ではダラダラ&もうどうでも良くなって来た感
ニスも塗ってる部分と塗ってない部分があったり。
そして取っ手も買って準備してあったのに付いてないし…

結局私が週末返上して全扉やり直しました
IMG_2709_20141212045535b8c.jpg

ニスも隅々まで二度塗りで完璧!

友達とはいえ、きちんと仕事としてお願いしているのに
悪びれも無く、これで終わり、と言い切れるところが
私のフランス人の嫌いな部分です。
もちろん皆が皆という訳ではないですが
真面目で早く仕事も出来る職人を探すのが難しいのです。
なので結局自分でやっちゃうんですね。
ある程度は思い通りに出来るし、たとえ失敗しても自分のミスなら
納得しちゃうし。

やっぱりよっぽど信頼できる人以外には
頼ってはいけなかったのです…
また良い勉強になりました。


さて、気を取り直して少し前の庭の紅葉の写真です。

IMG_2624_20141212045530457.jpg IMG_2626_201412120455327e3.jpg

新しく植えたモミジがキレイでした。




2014/11/12

リフォーム♪ 床・台所編

学校のヴァカンスも終わり、お義父さんが子ども達を
送り届けてくれ、また賑やかな日々に戻りました。
そしてお義父さんはついでに何日かうちに泊まって
床のリフォームをしていってくれることに。

そう、念願のフローリングです!

もとのタイルは前の家の持ち主が張り変えたばかりで
とても綺麗なものだったので、わざわざ変えなくても⁈という
意見が多数だったのです
でもキッチンとリビングの境の壁を壊したので
微妙な段差もあり、どちらにしても床を統一しないと
いけないということで思い切って全部フローリングにしてもらいました。

フランス人にとってフローリング=手入れがしにくい、
傷つき易い、というイメージなのです。
まあ確かに毎日土足で歩いてたら汚れるし
タイルの様に洗剤や漂白剤で洗う訳にはいかないですが…
(もちろん我が家は土足厳禁、日本で産まれた子ども達は
 ちょっと忘れ物を取りに入ったりする時でも
 一歩たりとも土足で家に入らないようにインプットされています

そして床を張り変える際にキッチンの家具も外して
全体にした方が後々のために良いというお義父さんの判断で、
中途半端になっていたキッチンもきちんとリフォームすることに。

早速全部取り外し、予想以上に大変な工事になり
約一週間はキャンプのような生活でした

IMG_2567.jpg

before
IMG_2555.jpg
after
IMG_2633.jpg

一番問題だったキッチンとの段差と仕切りの跡も…
IMG_2559.jpgIMG_2609.jpg

完璧

もちろん廊下も。
IMG_2570.jpgIMG_2627.jpg
(キッチンの棚が一時無くなっているためレンジやお皿が廊下にあるのは気にしないで下さい)


そして私のこだわり

一つ目は暖炉周りだけタイルにすること。
IMG_2588.jpg

そしてもう一つは何と言っても玄関を作る事
IMG_2618.jpg

このイメージを口で伝えたときは皆、ン?!???それは可笑しいでしょう、
仕上がりがキレイじゃない、ココは日本じゃない、などと言われたのですが
結果を見ると、なかなか良いアイデアだったね、とお褒めを頂きました

とにかくお義父さんは職人気質で仕事が丁寧で綺麗で
その上めっちゃ早い!
夫の仕事の速さはこのお義父さんの血をひいているのでしょう。
ただフローリングだけなら2日ほどで終わってしまったのですが
一番大変だったのは全ての扉の床と接する部分を削ったりする
最終調節が必要で計5日弱かかりました。

お義父様、お疲れ様でした
merci!!


そして残されたキッチンは…
before
IMG_2446_20141112060410376.jpg

after
IMG_2605.jpg

半プロの家具職人である友達にお願いして
今はこんな状態まで進んでいます。

まだちょっと不便な生活が続きますが
仕上がりが楽しみです!
2014/10/14

リフォーム♪ 電気・台所・浴室編

仕事の方も少し落ち着いて来たので、手つかずのままになっていた
リフォームを再開


まずは電気。
配線やほとんどのライトをLEDのスポットに変えてもらいました。

IMG_2416.jpgこんな感じだったのが…

IMG_2457.jpgこうなりました!

その他にもキッチン、廊下、トイレをスポットにしてもらいました。

電気技師の親戚がいるので、やってあげるよ〜なんて言ってましたが
いつになるか分からないので専門の人に頼みました。
それでも見積もりもらうまでに何度も催促して数週間後にやっともらえ、
工事約束の日にドタキャンなど…
工事中も土足はしょうがないとして、穴をあけたりして埃や壁の破片が
飛び散るというのに家具等に覆いをするという考えが全くないので
私が家中片付けて覆いをかけまくりました
そして工事の後も掃除なんてしていくハズありません。
まあフランスでは当たり前のことですが、
多分日本ではこういうことってあり得ないのでは?!
土足で出入りしないといけない工事のときとか
床にシートを敷いて作業されてたような記憶があります。


さて、お次ぎは年代物のキッチン!
昔のしっかりした作りのものなので
全部を取り替えるかは後々考えるとして
とにかく食洗機を入れる場所と配管がなかったので
この一番左の家具を取り除くことに。

IMG_2446_20141014060718e1c.jpg

…という工事だけのはずが、その日の朝ガンガンという音に
目を覚まして起きてみると…
IMG_2452.jpg
タイルまで全部はがされてしまってました!

ちょうど泊まりに来ていた夫の友達の日曜大工魂に火が付き
一気にはがしてしまったようです

確かにこのタイルは古いので何とかしようとは思ってましたが…
代わりに貼るタイルだって見つかってないし
キッチンの色とかもまだ決めてないし
このまま放っておけないでしょうということで
取り急ぎここまで補修。

IMG_2486.jpg

ただタイル壊す前に一言相談して欲しかった…
それにやるなら最後まで仕上げていけ!って思うのですが
(彼はお手伝いしたという満足感に浸ったまま翌日帰って行きました
これでキッチンの改装も進むし、ここからどうするか考えよう!
と都合の良いときだけポジティブシンキングな夫と思案中デス
こういう状況に耐えられる様になった私を褒めてあげよう。

まずは食洗機が設置されて良かった!
(無理矢理ポジティブ思考ダ‼︎)

あとは待ちに待った浴槽
IMG_2447.jpg→→IMG_2459.jpg
もともと何もなかったスペースに配管工事を頼んだので
わりとスムーズに行きました。
ただ来年あたりにはタイルなども張り替えたり、
日本式にシャワーを併設する予定なので、しばらくは側板が
むき出しの状態です。

IMG_2475.jpgわーい
一番乗りは娘
息子も気持ちい〜!と長風呂してます。
追い炊きがないのが難点ですが、毎晩お風呂で育った日本人、
やっぱりお風呂がある生活は嬉しいですね。

今年の残る課題はキッチンの仕上げと床と壁。
どこまで出来るかな?