FC2ブログ
2020/03/20

近況報告

皆さん、ご心配かけています。
状況はさらに悪化していますが、家族みんな元気にしています!

先週の土曜日の深夜にレストランの営業停止令。

そしてその二日後には全国民に対しての外出禁止令が発令されました。

先週まで普通の生活で毎日たくさんのお客さんに来てもらっていたのに
なんだか地震のような自然の大災害にあっていきなり全てを失った感覚です。
でも家族みんな健康だし、家もあるし、そう思えばそこまででもない、
長くても夏には収束してくれるはず、とポジティブに考えるようにしています。

営業停止令が出ても、テイクアウトや小人数のケータリングは禁止されていなかったので
最悪常連さん向けにテイクアウトや幾つかのケータリングは何とかできるだろうと
思っていたのですが、今回の外出禁止令でシャトー関係の常連さんはほとんど自宅待機。
レストランの予約はもちろん、全てのケータリングもキャンセルになりました。

それでもレストランをいきなり1ヶ月もそのままにしておけないので
片付けなどをしながら、村の人からの要望があれば時々テイクアウトをしてる感じです。
仕事の理由なら証明書を携帯していれば近距離の移動は許可、
昨日からこんな小さな村でも警察があちこちにいてコントロールしています。
ちなみに不法外出の罰金は135ユーロ。昨日は1日で4000件の違反があったそう。
何だかあまりに急激な変化で夢でも見ているような気もします。

営業停止令がでてから初めての月曜日はいつもの時間に起きて
あ、今日は仕事いけないんだ…これからどうするんだ?とか布団の中でうだうだ考えてたら
夫が常連さんから何か作ってくれる?とのメッセージが来たと。
それで二人とも、何だか目が覚めて、儲けがなくても少しでも自分たちにできることがあるなら
やってみよう!と急いで支度をしてお弁当作りに。
私は日常生活で泣くことってほとんどないのですが、この時に初めて涙が出ました。
悲しいのではなくて、お客さんのありがたさや、家族のためにも頑張らないと、
といういろんな感情。
ついでに何人かの常連さんに声をかけたら何食か売れたので、とりあえず
しばらくはテイクアウトでやっていこうか、と思った矢先の外出禁止令。
もうほとんど売り上げは望めないので、完全に閉店してしまっても良いのですが
何もしてなければ好きな時間に寝て起きて、化粧もしないで一日ダラダラと
過ごしてしまうし、状況も状況なので動いていた方が気が紛れる。
少しでもこんな状況でも声をかけてくれる人がいるのなら、と
毎日数食分だけ準備しながら、半日出勤しています。
その間は子どもたちは学校からメールで送られてくる課題をし、
帰宅後家族で遅めの食事をして、今までできなかった家や庭の片付けなどを
家族で分担。息子は主に夫と庭の手入れ、娘は私と掃除、洗濯や料理など。
今まで忙しすぎてゆっくり時間をとって出来なかったことをできるのも
また良いかな、と。家に居たら居たで結構することがいっぱい!
それも従業員なら会社側が手続きをしてくれますが、事業主に対しては対応自体が
あやふやでこちらがあれこれ調べて申請しないと何もしてもらえない。
なので、何にもすることなくて暇になるかと思いきや
結構忙しい日々を過ごしています。

あと心配だった犬の散歩も証明書を持っていればOK。
息抜きにもちょうど良い。でも一人で行かないといけません。

今の所外出禁止令が出てから特に大きな変化はありません。
こうなったらどうにも動けない。現状を受け入れるのみ。
日に日に増えていく感染者数や死亡の数字。
あとは一日中マスコミが騒いでる。
キミ達、家に居なくて良いの?!と思いますが…

ラテンの人が良く言う「ケ・セラ・セラ」
なるようになるさ〜って感じなんですけど、今回はこのラテンの楽観主義が
引き起こした被害とも言っても良いと思います。
すでに年明けからコロナのニュースは出ていたし、イタリアを中心に
ヨーロッパでも確認され始めてたのにみんな全く危機感を持たずに
キスやハグをしていました。
レストランも毎日満席でこっちが人数制限した方がいいんじゃないかと
心配していたほどでした。
私はすでにお客さんとの握手やキスはしないようにしていましたが、
大丈夫だって、と無理に挨拶をしてくる人もいたし。
政府からも1週間前まではそこまで危ない状況であるという通達もなかった。
その週末に地方選挙があったので、そこまでは混乱を避けようという
試みだったのかもしれません。
そして選挙直前に、学校、レストランなどの停止令。直後に外出禁止令。
今となっては誰がどう言っても遅いですが、やはり政府の対応の遅さを
批判している人も多いです。

今回はもちろん、大きな被害を受けたのですが(特に私たちのようなサービス業の事業主)
代わりに毎日の生活やお客様のありがたみ、子ども達とヴァカンスではなく本当の意味で
一緒に過ごす時間、など一番大切なものは何か、とか色々考える時間ができました。
特にお店をオープンしてから仕事と子育てでいっぱいいっぱいでやってきてたので。

私達は最初からお客さんに恵まれて、宣伝も一度もしなくても口コミだけで
今の状況だったので、毎日お客さんが来てくれて当たり前、みたいに思っていたのかもしれません。
夫はバカ、がつくほど食材に関してこだわっていて、料理が根っから好きな人。
まずは自分のために楽しんで作ってれば、お客さんにもいいものが出せる、
そんな夫の料理を好きで食べに来てくれる沢山の常連さん達。
1週間前まではいっぱいに埋まっていた予約帳…
それが1日でこの状態になってしまったのです。
多分この状況が落ち着いてからが、経済もさらに厳しくなるはず。
そこで何をすべきなのか。

大学4年の時に阪神大震災に遭いました。
私は激震地にいて殆どの周りが崩壊しました。
その時も人生っていきなりこんな事起きるんだ、と思ったけど、
被害の無かった実家に帰れば、不自由のない生活が出来ました。
でも今回は逃げられない。お店もある。子どももいる。

今後数週間はとにかく経営は厳しいですが(もう機能しないので厳しいというレベルではないけど)
元の生活に戻ったら、さらにパワーアップしていけるはず。
肉体的には劣化していきますが。笑

なんか文が支離滅裂になっていてごめんなさい。
とりあえず今の心境です。

もうケ・セラ・セラ、じゃない。
どうにも出来なくても、進まないといけない。

今日は夫が厨房で「上を向いて歩こう」をかけてました。
今は泣きながら歩く事もできない世の中になってしまいましたが

とにかく今が一番我慢の時。
きっと大丈夫!


スポンサーサイト



2020/03/15

コロナウィルスに伴う営業停止について

今の世界的に大変な状況、説明するまでもありませんが
フランスでも昨日の夜20時に生活必需品以外の店舗は閉店、
特にレストラン、バー、シネマ、ディスコなどは営業停止令が出ました。
それも施行が4時間後のその日の24時から。
あまりの急な展開で、頭が混乱していて、それも今後の対応や情報が
全くないので、寝るにも寝れず、いろんな人からの心配のメッセージなんかもあって
こうしてブログを書いています。

私たちは友達の家で食前酒を取りながら、どっこも行けないよね〜とか言いつつ
のんびりトランプなんかをしてた時の悲報でした。
先週までこの状況でもたくさんの常連さんが食事に来てくれていたし
この地域ではまだ一例も出ていないし、他の国での店舗閉鎖の話は聞いていましたが
そこまでなるにはまだだろう、それまでにはウィルスも落ち着いているだろうと
楽観的に考えていました。

実際、今までのフランス(というかヨーロッパ全体)での情報はそこまで危機感もなく
インフルエンザみたいなもの、という感覚でした。
いまだにマスクをつけてる人もほとんどいないし、
手洗いだって各自正しくしているのかも疑問です。
実際インフルエンザが大流行している時期でも、手洗い、うがいもせず
平気でキスやハグをしていた国民です。
ここ数日で流石に親しい間柄でも直接接触しなくなりました。

そして3日前にいきなりマクロン大統領の生放送で全学校閉鎖の決定、
昨日からはほとんどの店舗を閉鎖令…

おそらく急激に増えているというよりそこまで危機感を持って
検査もしていなかったんじゃないかと。
そして今日は地方統一選挙なんですが、それはみなさん行っていいですよ、と。
4時間後からほとんどの商店を強制的に閉めさせるほどの非常事態で、
必要以外の外出は避けましょうといったその口で
選挙のためなら外出も大丈夫、と。
数週間選挙を遅らせても、国民は痛くも痒くもない、生活に必要なのは
政治家同士の争いより、今この状況をどうするか話し合うことでは?
まあ、フランス国籍のない私には選挙権もないですけど。
税金はしっかり払ってるし、子どもも二人育ててるのに。
日本もそろそろ複数国籍を認める時代ではないかと。

そしてタバコは生活必需品に入るんですね。
とにかく食材にこだわって少人数限定で作っている料理人よりも、
スーパーで買う出来合いのものや添加物だらけのインスタント食品、飲み物は
人混みの中買いに行ってもOKなんですね…
「生活必需品」の基準をまず明確にしてほしい。

とにかく今の状況ではなんとも言えないので、心配してくれるみなさんに
向けてまた随時情報を伝えたいと思います。
皮肉なことに時間もたくさんあると思うので。
毎年、ワイン関係の食事や行事、レストランも忙しい時期にこの打撃は大きすぎますが。

一番不安なのはこの状況がいつまで続くのか?
誰も予測は出来ないこと。
まあ経営不振で倒産したわけでもないし、何とか家族で食べていけるくらいは
生活できるだろう、この状況が長引いてもいつかは治るはず、
そしたら今までの根強い常連さんも戻ってきてくれる、と
あまり悲観的にならないようにしています。

特に先週最後のサービスは満席以上で、お客さんもいつもよりたくさん消費してくれて
なんかもうみんな最後の食事、みたいに気前いいよね、なんて笑ってた矢先。
事実、それに近い形になってしまいました。

夜が明けてきたので、今回はこの辺で。
朝の来ない夜はない!皮肉にも快晴です。
今の所感染もしていないし、私たちよりも大変な人もたくさんいるのです。
今考えると、ウィルスなので、入ってきてからじゃもう遅い。
それもワクチンもないから蔓延していくだけ。
幸いこの辺りまでは来ていないので、この時点でも危機感を持って
規制かけてくれただけでも良かったと思うようにしています。

とにかくこの状況が1日も早く治り、収束することを祈ります。



2014/06/22

Fete de la musique♪

昨日6月21日は夏至。

一年で一番日が長くなるというこの日はフランス各地で
フェット ドゥ ラ ミュージックという音楽祭が行われます。
村民2000人弱の我が村も2年に一度くらいで
催しをしていましたが、ボランティアのコーラスを聴いたり
どちらかというとお年寄りの暇つぶし程度のものでした。(企画者ゴメンなさい!)

そして今年は村からの提案で村の商店経営者で
何か企画してみてはどうか、ということで実行する事に。
商店といっても村の中心にパン屋、タバコ屋兼小さなスーパー、
エステサロン、美容院、ピザ屋、そして私たちのレストランが
一件ずつあるだけなので実行委員は10人ほど。

結構閉鎖的?な村というか土地柄なので
人が沢山来てくれるかちょっと不安だったのですが
予想以上の人出でほとんど完売!

IMG_1253_20140622224514b7e.jpg

IMG_1255.jpg
ブドウの枝で焼いたお肉をその場でパンに挟んでサンドイッチに。
夫特製のソースをつけたら最高の御馳走!しかも2.5ユーロ!*約300円


私は前半レジ係、その後は注文殺到だった夫のフライドポテトの
アシスタントに回りました


奥の赤いテントの下ではミュージシャンの生演奏
IMG_1262.jpg
周りで踊ってる人たちも結構いて、子ども達はほとんど顔見知りなので
みんなで遊ぶスペース(レストラン前)があったのも良かったようです。
村民からもこの村史上最大に成功した催しだった!ぜひ来年も‼︎
と喝采も戴きました。

ちょうど2年前に私たちを含めた村の中心のお店の経営者が
ほとんど代わり、皆仕事も真面目にするメンバーなので
成功したのもチームワークのお陰。
毎年恒例の行事になるか⁈


23時前に日が沈んで、その後もお祭りは続いていましたが
私は子ども達がいたので大体の片付けが終わったところで
0時半には帰らせもらいました。
が、遊びまくり踊りまくっていた子ども達は超興奮状態…
パン屋のご主人はそのまま寝ないで翌朝の仕込みに入ったそうです。


みんな、お疲れ様でした


2014/01/21

明けましておめでとうございます♪

遅ればせながらですが、新年のご挨拶を申し上げます。
年末年始、皆様如何過ごされましたか?

こちらは16日に3週間の日本滞在から戻り、翌日から早速買い出し、仕込み、
セッティング、掃除、やり残していた書類の整理等…
一息つく間も無く仕事が始まり、昨日のお昼からサービスもスタートしました!
今年からレストラン税が上がるため、事前に分かっていたものの
値段やレジの変更に思ったより時間がかかったり
ヴァカンス前に設置した新しいカウンターから木の脂が出てきて
べたついていたのでその処理や、下の部分の色の変更など
予想外のトラブルもあり、ギリギリセーフの初サービスとなりました

IMG_0345.jpg

IMG_0349.jpg

IMG_0354.jpg

お店に入っていつものお客様の顔を見ると昨年の仕事納めの日が
昨日のように思えるから不思議です。
サービス中、時差ぼけと使い慣れないカウンターで
身体が思うように動きませんでしたが…

子ども達はというと、飛行機も慣れてきて(成長したのもあるかな)
3機の乗り継ぎ、計25時間の旅程も問題なく過ごし
帰宅して翌日から早速学校に通っています。
2,3日は登校無理かな、なんて心配していたのは大人だけ。
子どもの回復力はスゴイです!
年を取るほど時差ぼけが身体に堪える…(-。-;
学校では2人とも日本での様子を写真付きでしっかり発表出来たようです。

日本滞在時のことはまた追い追い綴っていきたいと思います。
(午後から眠いモードに入り、まだ夜がもたない…)
次の帰国はいつになるか未定ですが、その日をまた目標に
今年も健康第一で馬のように突っ走って行きたいと思いますので
家族&レストラン共々宜しくお願い致します!


2013/12/22

カウンター完成♪

カウンター改装の続きです。

一年半お世話になった元のカウンター。
P1240218.jpg
名残惜しい…なんてことは微塵もなし。
新しいカウンターにみんなもワクワク

実際壊してみると見た目以上にチャチな作りで
トンカチで叩いただけで簡単に取り外せました!
P1240224.jpg

P1240226.jpg

P1240228.jpg

友人宅でほぼ完成していたNewカウンターを一度分解して
運び、また組み立てる作業…

P1240235.jpg

P1240240.jpg

板を乗せて…
P1240250.jpg

P1240256.jpg

完成

P1240262.jpg
側面の板の部分の色を変えるか検討中。
皆さんの意見はどうでしょう?

P1240264.jpg

P1240278.jpg

レジもちゃんと理想の位置に落ち着きました
P1240265.jpg

これでサービスが忙しい時に伝票が散乱していても
お客さんに覗かれることはありません
レジ台の横にはカウンターの下に収まる
ドリンク用の冷蔵庫を購入。
電話やインターネット、電気系の配線は他の友人が担当してくれました。
みんな、本当にありがとう!!

さて、いよいよ明日出発!
何とか用事も荷造りも終わりました。
ここ一週間毎朝起きた時に、今日ヴァカンス?飛行機みっつ乗る?と
聞いてきた娘。明日は乗るよーって答えられます。

P1240260.jpg
息子のアドベントカレンダーも賑やかに


長旅で時差ぼけもちょっと心配ですが
1年半ぶりのヴァカンス、楽しんできます!